新博多駅ビル10周年! 博多で輝く女性10人に会いました【前編】

 2011年3月のリニューアルオープンと九州新幹線全線開業から10周年を迎えるJR博多駅。通勤通学はもちろん、ショッピングやグルメが楽しめて、いつ来ても新鮮な刺激とワクワクを与えてくれます。そんな元気を発信し続けている博多駅で、生き生きと働く10人の女性に会ってきました。前編、後編各5人ずつ紹介します。
この記事の目次

person 1. JR九州 博多駅長 中野幹子さん

歴史あるまちにパワー授かり、お客さまや地域を元気にしたい!

 2019年、JR九州初の女性博多駅長として着任。駅構内の清掃や安全点検はもちろん、「お客さまに安心・快適にご利用いただけるよう365日気を抜くことなく約140人の社員と共に頑張っています。楽しいときはより楽しく、不安なときもホッと笑顔になれる駅をつくりたいです」。

 お気に入りの場所は、「JR博多シティ屋上の“つばめの杜(もり)ひろば”。寺社や港、空港が一望でき、博多のまちが交流で発展した歴史を感じます。そのパワーを受け継ぎ、地域を元気にするのが目標です」

社員から「幹子の魔法のつえ」と名付けられた、ほうきとちりとりを手に構内を点検

【DATA】
博多勤務:2年
勤務時間:9:00~17:35(基本)
職場の愛用品:社員が「幹子の魔法のつえ」と名付けた、ほうきとちりとり
お気に入りランチ:博多めん街道など博多デイトス内の店。「おいしいのはもちろん、時間のないときにサッと食べられるので助かります」

person 2. JPビルマネジメント 商業施設事業部門 KITTE博多 緒方留美さん

KITTE博多には、約50店の「うまい!」があります

 飲食店フロア(地下1階、9、10階)の販売促進を担当。「約50の飲食店があって、いろんなジャンルのグルメが味わえるんですよ。その魅力をアピールする企画を考えて発信しています」。

 博多駅周辺の商業施設は、ライバルではなく仲間と感じるとか。「みんなで一緒に街を盛り上げようという心意気が博多の魅力です」と教えてくれました。

館内移動はノートやスマホなどの必需品をバッグに入れて

【DATA】
博多勤務:6年
勤務時間:9:30~18:15
職場の愛用品:ノートやスマホなどの必需品はバッグにイン
お気に入りランチ:「KITTE博多のランチはどれも美味。5年間、食べ歩き続けても飽きません!」

person 3. JR博多シティ 営業部 福田悠美さん

憧れの街で働いて、ますます博多が大好きに!

 山口県出身。「スケールが大きな憧れの博多で街づくりにも携われる仕事」と昨年JR博多シティに入社し、営業として25店舗を担当。

 3月には準備段階から携わった新店舗のオープンを控え「責任とやりがいが増えるのを実感しています」とうれしそうな笑顔を見せます。「休日もショッピングやランチなどで一日中、博多駅を満喫しています」と“博多LOVE”が増幅中。

資料を挟んだバインダーは必需品

【DATA】
博多勤務:1年
勤務時間:8:45~17:45
職場の愛用品:資料を挟んだバインダーと仕事道具を持ち歩くための無印良品(アミュプラザ博多6階)のエコバック
お気に入りランチ:パン屋むつか堂カフェ(アミュプラザ博多5階)のランチ。休日のカフェタイムに食べる「フルーツミックスサンド」(748円)もおすすめ

パン屋むつか堂カフェ「フルーツミックスサンド」(748円)

person 4.  博多阪急 販売促進部 山口朱由(あゆ)さん

新旧施設の一体感と「博多愛」で元気をチャージ

 「博多阪急エメラルドカード」会員向けの販売促進を担当。「業務にやりがいを感じています。働くのが好き!」とはつらつ。博多駅周辺の新旧の施設が一緒に祭りやイベントを盛り上げる“博多愛”に「いつもエネルギーをもらっています。世代を超えたお付き合いがあるんですよ」。

 オフタイムに電車が好きな息子さんと駅改札内のカフェで電車を眺めるのも至福時間。

爽やかな香りのマスクスプレーでリフレッシュ

【DATA】
博多勤務:6年目
勤務時間:10:00~15:40
職場の愛用品:パーフェクトポーション(博多阪急8階)のマスクスプレー 
お気に入りランチ:阪急ベーカリー(博多阪急地下1階)の「湯種塩パン」(108円)。発酵バター入りマーガリンの風味が豊か

阪急ベーカリーの「湯種塩パン」(108円)

person 5.  LINE Fukuoka マーケティングコミュニケーション室 室長 松尾明美さん

仕事も子育ても、持ち前の明るさでエンジョイ!

 “LINEで福岡のまちをもっと豊かに”をテーマに、PRやブランディングを行う部署のリーダー。「博多の企業のオープンなマインドが大好き」と魅力的な笑顔で話します。

 カフェ「DEAN&DELUCA(ディーンアンドデルーカ)」(アミュプラザ博多地下1階)でのひと時がお気に入り。プライベートではスペイン人の夫と、9歳の三つ子の子育てを持ち前の明るさで楽しんでいます。焼き鳥、酵素ドリンクがパワーの源。

仕事柄手放せないiPhone。常にさまざまなアプリをチェック

【DATA】
博多勤務:13年
勤務時間:基本は9:30~18:30。家で仕事も
職場の愛用品:iPhone
お気に入りランチ:やきとり居酒屋夢市門(博多駅前3丁目) の「テークアウト弁当」(400円)。かしわ飯、から揚げ、卵焼き入り

あわせて読む
新博多駅ビル10周年! 博多で輝く女性10人に会いました【後編】
※掲載されている情報は、2021年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 13才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3え!そんなとこまで見てるの!?「幼稚園のプレ説明会を侮…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4仰天!まるでジャイアンみたいな義両親 孫の入園式でとっ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5福岡の書店員さん、君の推薦する本を読みたい【福岡キミス…
    ファンファン福岡編集部