取り分けないオードブル「お重~ぶる」が新登場!【クック・チャム】

 手作りにこだわった惣菜の店クック・チャム(本社クックチャムプラスシー、福岡市博多区)から、コロナ禍に合わせた新商品1人分のオードブル「お重~ぶる」が登場。3月3日(水)先行販売(要予約)、また3月8日(月)から販売開始されます。※価格は全て税別
この記事の目次

新様式に合わせた商品「お重~ぶる」

コロナ禍だからこそ春のイベントも安心・安全に楽しめそうです

 コロナウイルスの影響により、複数人での飲食はもちろん、ビュッフェやオードブルといったバイキング形式で食事をする機会もグッと減り、イベント事も自宅で過ごす人が増えているのでは。

 クック・チャムでは、そんなコロナ禍に合わせた新商品「お重~ぶる」の販売がスタート。

 会社の歓送迎会、ひな祭りや花見など、感染対策をしっかりとしたウキウキする、彩りの綺麗な"取り分けしないオードブル"で春のイベントを楽しみませんか。

 旬の食材を、朝からとった出汁で炊いた春の煮物やエクストラバージンオイルを使用した焼き野菜、また一つ一つ丁寧に手でパン粉付けした海老フライや海老のせクリームコロッケという手作りにとことんこだわって作られています。

 特にお重の中央にある海老のせクリームコロッケは、外はサクサクした中にクリーミーなベシャメルソースが入った幸せを感じるコロッケです。

 今回同商品の試食会に参加してきたので、味わいや中身について紹介していきます!

実際に販売される「お重~ぶる」はコチラ

ピンク色が春らしいですね♪

 販売時もひとつひとつ丁寧に包まれます。3段まで1つに包んでくれるそうですよ。

包みを開くと桜模様の木箱がお目見え

クック・チャムプラスシー

「お重~ぶる」の中身はこんな感じ!

 ワクワクしながら蓋を開けると、とっても豪華なメニューがお出まし! 具材が豊富な上、桜の飾りが添えられていて彩り豊かでキレイですよね。

 「お重~ぶる」には以下メニューが詰まっています。どれから食べようか悩んでしまいますね…!
・鶏の照り焼き
・和み(なごみ)のピクルス
・海老のせクリームコロッケ
・春の炊き合わせ
・彩り焼き野菜
・ぷちキッシュ
・かわいいエビフライ
・紅茶鴨スモーク
・ポテトサラダ

 作り置きではなくその日にできたお重を食べることができるので、エビフライなどの衣はサクサク! ピクルスや焼き野菜も新鮮さを感じる味わいでした。お重中央にある真ん丸としたコロッケは、じゃがいもがぎっしり詰まった食べ応えある一品です!

 赤飯とちらし寿司が味わえる「お1人さまごはん」(400円)もあるので、「お重~ぶる」とセットにしてお弁当として味わうこともできますよ。

クック・チャム 博多川端店前にも同商品の看板がありました

 クック・チャムには就労継続支援A型事業といった障害者を支援する子会社があり、じゃがいも等の皮むきやパン粉付けなどは、ここで就労されている人が1つずつ丁寧に作られているんだとか。今回の「お重~ぶる」に詰まっているメニューも同様です◎ 作られた工程を知って食べると、さらに優しい味わいを感じられますね。

 クック・チャム 博多川端店に立ち寄りましたが、中には美味しそうなお惣菜がズラリと並んでいました。春のお弁当5種類も今後販売されるそうなのでお楽しみに♪

クック・チャム「お重~ぶる」

販売期間:3月3日(水)先行販売 ※要予約
     3月8日(月)~販売開始
予約締め切り:先行販売の場合、3月2日(火)まで
       通常販売の場合、3月3日(水)~(販売日の5日まで)
価格:1ケ 1,300円
※”2名さまお重~ぶる”は、1セット2,600円
※”3名さまお重~ぶる”は、1セット3,900円
販売エリア:福岡県、大分県、佐賀県店舗
予約・問い合わせ:近くのクック・チャム店舗、もしくはフリーダイヤル(0120-932-070)へ

※掲載されている情報は、2021年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 13才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3え!そんなとこまで見てるの!?「幼稚園のプレ説明会を侮…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4仰天!まるでジャイアンみたいな義両親 孫の入園式でとっ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5福岡の書店員さん、君の推薦する本を読みたい【福岡キミス…
    ファンファン福岡編集部