ワインに合う、とろっとろの大人チーズケーキ【ワイン食堂 プルポ】

 地下鉄大濠公園駅から徒歩約6分、スペイン北西部・ガリシア地方の郷土料理が楽しめる「ワイン食堂 プルポ」。「プルポ」とは、スペイン語で「タコ」の意味。新鮮なシーフードをふんだんに使った料理がおいしいガリシア地方のイメージと、海が近い港2丁目に店を構えていることから店名が付けられました。

 名前の通り、看板メニューはタコを使った料理。低温でじっくりゆでてタコを柔らかく仕上げた「タコのグリルとマッシュポテト」や、魚介のスープが米にしっかり染み込みイカやタコをふんだんに使った「アロスネグロ(イカスミのパエリア)」などは、オーナーシェフの戸畑泰臣さん自慢の一皿です。

 戸畑さん厳選のスペイン産ワインがずらりと並んだワインセラーも、この店のシンボルです。 「お客さまが自由にワインセラーへ入り、好きな1本を選んで、自由に開けて飲んでOK!」と戸畑さん。セルフで開けると100円引きになるという、うれしいサービス付きです。

 ワインはボトルで2,000円台からそろっていて良心的。グラスワイン(700円~)も用意されていますが、2、3杯飲むなら断然ボトルがおすすめ。飲み残しは持ち帰ることができます。

 ワインはあまり詳しくなくて…という人もご安心を。味や特徴を書いたメモがワインボトルに付けてあり、それを読みながらじっくり好みのワインを選ぶことができます。

 魚介料理のほか、肉料理も充実しています。その日のおすすめメニューをしっかりチェックしましょう。
 そして、今回紹介したいのは、締めに食べてほしいスイーツ。とろっとろのチーズに目が釘付けになってしまう、スベロア式チーズケーキ「タルタ デ ケソ」は外せない一品です。

 「スペインの有名レストラン『スベロア』のチーズケーキにインスパイアされて作りました」と戸畑さん。厳選したゴルゴンゾーラとクリームチーズを組み合わせ、焼き上げ温度など、約1年間の試行錯誤の末に完成。特に絶妙な火入れ時間にたどり着くのに苦労したそうです。

 皿に盛ってから時間がたつにつれてとろみが増し、チーズの濃厚さが、さらにふくよかに感じられます。チーズケーキのイメージががらりと変わる味わいです。

 「スイーツですが、ぜひワインと一緒に味わってください。本当によく合うので」。相性が良いおすすめのワインは、ガリシア産の白ワイン「アトランティック」と教えてくれました。
 ぜひ、大人のスイーツ時間を堪能してみてください。


ワイン食堂 プルポ
住所:福岡市中央区港2-8-25 ibb CORE港1階
電話:092-712-3710
営業:18:00~24:00
日曜休

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1冬の長崎県佐世保市を遊ぶ! 編集部おすすめ家族向け1日…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2【週末の福岡イベント情報】1月25日(土)~26日(日)
    ファンファン福岡編集部
  3. 3夜しか営業していない不思議なパン屋【いとだパン】
    ファンファン福岡編集部
  4. 4妊娠希望なら無排卵を放置してはダメ! 基礎体温でわかる…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5今話題の「遺伝子栄養検査」をご存知ですか?
    ファンファン福岡編集部