2019年もスタートのクリスマスマーケット! 博多会場へ行ってきた

 毎年、福岡市でこの時期のお楽しみといえば、博多と天神で開かれる「福岡クリスマスマーケット2019」! 天神会場に先駆けて11月12日にスタートしたJR博多駅前広場の「CHIRISTMAS MARKET in 光の街・博多」へ行ってきました!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 白や青を基調としたきらびやかなイルミネーションが輝く広場へ足を運ぶと、ふんわりと鼻をくすぐるホットワイン(グリューワイン)の香り。この香りをかぐと「今年もクリスマスがやって来たな~」とワクワクします。

 福岡クリスマスマーケットの定番スタイルは、やっぱり数量限定のオリジナルマグカップで楽しむホットワイン(マグカップ付き、税込み1,000円)ですよね。マグカップのデザインが毎年変わるので、コンプリートしたくて「絶対に1杯は飲むぞ」と決めているのですが、今年のデザインも必見です。

 博多会場限定のマグカップは、黄緑色をベースに今年のクリスマスマーケットのテーマ「いつまでもこの街とともに」の花言葉を持つ「アングレカム」の白い花が散りばめられたデザインです。
 ちなみに天神会場やエルガーラ・パサージュ広場会場(福岡・天神)は違うデザインなのでこちらも要チェックですよ。
 無事にホットワインを手に入れて、ほっこりと温まっていると、ステージイベントが始まりました!

 歌手のfumika(ふみか)さんや、オペラ歌手とボーカリストのユニットLACK(ラック)、ソウルミュージックやR&Bを歌うユニットDee&Christina(ディーアンドクリスティーナ)らが冬にぴったりの歌を聞かせてくれます。

 歌声に酔いしれているとちょっぴりワインにも酔ってきたので、フードを調達しにステージの周りを取り囲んだヒュッテ(小屋)をのぞいてみます。
 フードのヒュッテが15店舗、クリスマスの雑貨やアクセサリーを扱うヒュッテが15店舗とつい目移りしてしまうラインアップです。期間限定や日替わりのブースなどもあるそうですよ。

 「やっぱり名物は食べておこう」と思い、「BUTCHER OF THE WORLD(ブッチャー オブ ザ ワールド)」の「ぐるぐるソーセージ」(1,300円)をゲット。約2mの長さをトルネード状に巻いて焼いています。何人かでシェアするのにぴったりですね!
 しっかりとした肉の味にほんのりハーブが効いていてちょっぴりスパイシー。お酒に合います。
 もうひとつ「ちょっとお腹にたまるものが欲しいかな」と見つけたのが「Steamd Nakagami(スチームド ナカガミ)」の「インカのめざめ&コーン ソルト&バター」(800円)。

 糖度が6~8度ある、北海道産のジャガイモ「インカのめざめ」をふかして、たっぷりとバターを掛けたメニューです。「イージーバターフォーマー」という専用の器具で、硬いバターを糸状に削ります。削られていく様子を見ているだけで楽しい! ホクホクにふかした甘いジャガイモに溶けたバターが絡み、至福の甘じょっぱさです。

 これはつい食べ過ぎてしまう予感…。ホットワインも進んでしまい、もう少し飲みたいなーといった気分に。
 仏・ボルドー産のワインやヨーロッパ各国のビールが並ぶヒュッテもあり、ビールの種類はクラフトビールなど瓶ビールだけでも17種類も! さらに生ビールもあり、全部飲むために毎日通おうかと真剣に悩んでしまいますね。仕事終わりの会社員が行列をつくっていましたよ。

 リンゴを発酵させてアルコール飲料にしたシードル酒で、イギリス産の「ストロング ボウ ダークフルーツ」(800円)はカシス風味。「味が濃い料理に合いますよ!」とオススメされたので試してみることに。
 苦味はほぼなく爽やかな喉ごしで、カシスの甘味が強いので「ビールは苦手」という人も抵抗なく飲めるのではないでしょうか。

 今年初登場の「HOT WHISKY BAR(ホット・ウイスキー・バー)」では、紅茶フレーバーのオリジナルウイスキーで作られる「ホットウイスキー」(マグカップ付き、1,000円)がおすすめだそうです。

 雑貨やアクセサリーのヒュッテも見逃せません。この時期ここでしか手に入らない物が並びます。クリスマス雑貨やガラス細工をはじめ、福岡パルコで人気のショップ「エドマッチョ」が出張出店し、九州在住の作家たちがクリスマスのために作ったアクセサリーが並んでいます。

 ほかにも天然木の食器やポーランド陶器の食器、ドイツ伝統のクレイ(粘土)細工が美しいキャンドルホルダーなど、見ているだけでクリスマス気分が高まります♪

皆さんぜひ足を運んでみて!

CHIRISTMAS MARKET in 光の街・博多
日時:~12月25日(水) 平日16:45~23:00
 日曜、祝日12:00~23:00
 金曜、祝前日16:45~23:30
 土曜12:00~23:30
場所:JR博多駅前広場(福岡市博多区博多駅中央街1-1)
料金:入場無料

※掲載されている情報は、2019年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  3. 3祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その肆(よん)「川が呼ぶ」
    チョコ太郎