私が息子の小学校入学費用を3万円節約できた理由

 私には現在、公立小学校に通う8歳の息子がいます。入学の準備は前年の9月ごろから少しずつ始めました。入学時にはランドセルをはじめ、制服や体操服、教材などに高額な費用が必要です。そこで私ができるだけ出費を抑えるためにしたことをお伝えします。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

■小学校の入学準備にかかる費用はどのくらい?
 入学する前の年は、来年なんてまだまだ先だと思っていましたが、気付けば9月になり、そろそろ準備をした方がいいのでは? と思うようになりました。第1子ということもあり、まずどれぐらいの費用がかかるのかが気がかりでした。早速先輩ママに聞いてみたところ、何もかも新品でそろえると10万円以上かかったとか。
 そんなにかかるのならば、今から費用の準備をしておかなければならないと思いました。高額な準備品の代表格といえばランドセルですが、実は制服や体操服も高いのです。息子が通う公立小学校だと合計で約4万円が必要でした。別の小学校では5万円以上かかったという話も聞き、学校によって費用は大きく異なることも知りました。

■制服と体操服代を節約する
 私が少しでも費用を抑えるべく、目を付けたのは「制服と体操服」です。この2品の費用を抑えることができれば、かなりの節約になると思いました。息子の場合は新品にこだわりがないため、中古品を探してみることに。私は以下の方法で制服を手に入れました。かかった費用は合計で1,000円以内です。
 ・知り合いからのお下がり ・小学校バザーの中古制服販売 ・中古品を取り扱う制服店
 なかでも小学校バザーの中古制服販売は激安で手に入りました。なんと制服の上着が150円で販売されていたんです。しかし争奪戦は免れません。販売開始1時間前から長蛇の列ができていました。安く買うためには労力も必要だと感じました。

momoko MoritaによるPixabayからの画像

■3万円の節約に成功
 制服と体操服をはじめ、必要なものはなるべく中古品でそろえ、見つからないものだけを新品で購入する。この方法で約3万円の節約になりました。かなり大きな節約です。新品についても、小学校指定の教材の中には、ネットで購入する方が安い場合もありました。

 例えば鍵盤ハーモニカです。ネット価格の方が2,000円くらい安く販売されていました。教材は一括して小学校で申し込む方が間違いがありませんし、手間も少なくて済むのですが、少しでも節約したかった私はネット情報をチェックして、安く買える方法で準備をしていきました。教材は制服や体操服に比べると高額ではないので、大きな節約にはなりませんが、「ちりも積もれば山となる」で数千円でも貴重です。浮いた費用は次に必要な場面で使うことができました。

 「新品ではなく中古品でそろえる」。今回入学の準備をしていて、これ以上の節約はないと思いました。ただ気を付けたいのが「中古品でも問題ないかどうか」をわが子に確認しておくことです。息子の場合は気にしないタイプだったので助かりましたが、中古品は嫌だという子もいると思います。現在年長さんの娘がそのタイプです。気持ちよく入学の日を迎えるために、わが子の気持ちを第一に考えながら準備をしていきたいと思っています。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  3. 3祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その肆(よん)「川が呼ぶ」
    チョコ太郎
  • トップ
  • 私が息子の小学校入学費用を3万円節約できた理由