手作り食材を使ったキッズメニューも充実 薬院の【ハッピーヒル】

 福岡市中央区大名にあったカフェレストラン「Cafe&Dining Happy Hill(カフェ アンド ダイニング ハッピー ヒル)」が今年4月、同区薬院のKKRホテル博多1階に移転しました。地下鉄七隈線の薬院大通駅からは徒歩3分です。

 レストランのコンセプトは「食後の一杯までおいしいカフェ&レストラン」。24歳で脱サラして飲食の世界に飛び込んだオーナーシェフの山田裕介さんが「誰でも使いやすい店づくり」を心掛けながら、切り盛りしています。

 ホテルの入口から店内までは段差がないため、ベビーカーでも来店しやすくなっています。温かみのある木目調の店内は、窓が大きく開放感抜群。「小さなお子様連れでも入りやすいように」と、テーブル間の通路は広くとってあります。

 メニューは、ホテルの宿泊客向けの朝の和洋食ビュッフェ(宿泊客以外ももちろん利用OK!)、九州の食材をふんだんに使ったランチ、一品料理も充実したディナーを用意。調味料やソースだけでなく、ソーセージや豆腐まで手作りしています。
 山田さんおすすめのランチは「梅酢黒豚のグリルランチ」(税込み1,296円)。熊本県産山村で梅酢を飲ませて育てた黒豚を使っています。梅酢を飲ませることで、脂肪分が少なくうま味が強い肉に仕上がるそうです。味付けはシンプルに塩とこしょうのみ。ニンニクを効かせた自家製のステーキソースと粒マスタードでいただきます。

 そのほか、ホットサンドやカレー、日替わりパスタ、産山村の放牧牛を使った「あか牛ステーキグリル」など12種類のランチ(950円~)をラインアップ。全てにサラダビュッフェとスープが付いてボリュームも満点です。

 子どももしっかりと食事ができるようキッズメニューも充実。ハンバーガーや、にがりの代わりにくず粉を使った「自家製もちもち豆腐」、エビフライ、唐揚げ、ポテトフライ、プリンを1皿に載せた「キッズバーガープレート」(734円)や、オムライスをメインにした「キッズオムライスプレート」(734円)を用意しています。こちらもサラダビュッフェ付きです。離乳食もあり、気遣いが行き届いています。

 夜は、「糸島豚の自家製ソーセージ」(1本626円)や「ラムチョップグリル ブルーチーズソース」(1,598円)、「エビとマッシュルームのアヒージョ」(950円)、「魚介のパエリア」(2,592円)など、お酒に合う料理がずらり。

 山田さんが以前、コーヒーの味にほれて働いていたという「ハニー珈琲」の豆を使った「エスプレッソ」(324円)、「カフェラテ」(540円)などのドリンクメニュー、飲み放題付きのコース料理などもあり、シーンによって使い分けができそうです。


【チェックポイント】
●子ども用メニューあり
●離乳食あり
●おむつ替えスペースあり
※ホテル内に多目的トイレあり


Cafe&Dining Happy Hill
住所:福岡市中央区薬院4-21-1 KKRホテル博多1階
電話:092-791-3299
営業:7:00~23:00(L.O. 22:00)
月曜夜(18:00~)休み

※掲載されている情報は、2019年08月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1きょうはなに朝気分⁉️ 「わたしらしい朝」を博多阪急で…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2【週末の福岡イベント情報】2月15日(土)~16日(日)
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  5. 5【今なら¥5,000で行ける!】長崎・壱岐内海湾の一泊…
    aumo