太宰府天満宮に名刀そろう! 「宝刀蛍丸」など15点展示

 「神社に奉納された名刀展」が太宰府市の太宰府天満宮宝物殿で開かれ、天満宮などが所有する名刀15点を展示している。11月4日まで。特別展示もあり、13世紀の作で熊本県の阿蘇氏や阿蘇神社に伝わり、終戦直後に所在不明となった宝刀「蛍丸」の復元刀を9月1日まで紹介している。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 「神社に奉納された名刀展」が太宰府市の太宰府天満宮宝物殿で開かれ、天満宮などが所有する名刀15点を展示している。11月4日まで。特別展示もあり、13世紀の作で熊本県の阿蘇氏や阿蘇神社に伝わり、終戦直後に所在不明となった宝刀「蛍丸」の復元刀を9月1日まで紹介している。

 蛍丸は、阿蘇氏10代当主の惟澄(これずみ)が福岡・多々良浜で足利尊氏と戦った際に用いた大太刀。刀はぼろぼろになったがその夜、惟澄は無数の蛍が刀身に止まる夢を見る。翌朝、刀は刃こぼれ一つない姿になっていた、との伝説がある。

 2015年に岐阜と大分の刀匠2人が復元プロジェクトを開始。出資募集に目標額の8倍の資金が集まった。その後の熊本地震で阿蘇神社も被害を受けたため、神社復興の象徴として取り組まれ、17年に復元刀3点が完成した。

 特別展示はこのうちの2点。阿蘇神社に奉納された1点は今月28日までの公開。他の主な展示品は菅原道真毛抜形太刀など。一部で展示の入れ替えがある。

 入館料は大人400円、高大生200円、小中生100円。天満宮=092(922)8225。

※掲載されている情報は、2019年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1レジ袋使わずに生ごみ処理! 簡単な方法とは?!
    Mochico2408
  2. 2簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4大人げない…運動会で熱心過ぎるママにドン引き
    ファンファン福岡編集部
  5. 5お出かけ時用マスクフォルダを100均クリアファイルで作…
    ちあきんぐ