大濠公園と舞鶴公園の間が広大なオープンスペースに! 基本計画策定

 県と福岡市は12日、同市中央区で隣り合う大濠公園と舞鶴公園(計約80ha)の一体的な活用を図る「セントラルパーク基本計画」を策定したと発表した。中心部に大規模な交流広場を設けてさまざまなイベントを開けるようにする。今後約10年間で回遊性向上策や駐車場整備をまず実施し、その後、交流広場を整備するとしている。

 交流広場は、両公園エリアの中心にある舞鶴中校舎跡(2014年移転済み、現・三の丸スクエア)や城内住宅の敷地に開設することを計画。現在の舞鶴公園三ノ丸広場に接する位置で、2つの広場を合わせれば「都心では貴重な、広大なオープンスペースとなる」(福岡市担当者)という。
 両公園間の行き来をしやすくする回遊性向上策としては、両公園を区切る堀を渡る道を通りやすくするため、周辺の樹木を整理するなどして見通しをよくする。

※情報は2019.6.13時点のものです

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1きょうはなに朝気分⁉️ 「わたしらしい朝」を博多阪急で…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2【週末の福岡イベント情報】2月15日(土)~16日(日)
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  5. 5【今なら¥5,000で行ける!】長崎・壱岐内海湾の一泊…
    aumo