映える「大人のコーヒー牛乳」が大人気!【1COFFEE】

 オフィスビルが立ち並ぶ西鉄薬院駅(福岡市中央区)から少し歩いた渡辺通りの裏通り。静かなこの通りを歩くと、窓に大きく「1」と書かれた印象的なお店が目に飛び込んできます。そのお店が、1月11日にオープンしたカフェ「1COFFEE(ワンコーヒー)」です。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 オフィスビルが立ち並ぶ西鉄薬院駅(福岡市中央区)から少し歩いた渡辺通りの裏通り。静かなこの通りを歩くと、窓に大きく「1」と書かれた印象的なお店が目に飛び込んできます。そのお店が、1月11日にオープンしたカフェ「1COFFEE(ワンコーヒー)」です。

 扉を開くと、観葉植物のグリーンが鮮やかに映える白壁に「Let’s take a coffee break.(コーヒーで休憩しましょう)」とのメッセージ。来店する人全員を店舗全体で歓迎してくれているようです。
 「こんにちは」と迎えてくれたのは、法人向けの不動産会社で勤務する店主。「法人だけじゃなくて、一般の方ともコミュニケーションが取れるスペースを作りたい」と思い、立ち上げたのだそうです。飲食の経験はなかったものの、コーヒーの入れ方を基本から学び、オープンにこぎつけたといいます。

 店内を満たすコーヒーの香りがなんとも心地良い昼下がり。ハンドドリップで丁寧に入れた一杯は、午後のやる気を起こしてくれそうです。そして、ついついスイーツにも手が伸びる…。そんなときにぴったりなメニュー「大人のコーヒー牛乳」(税込み・600円)は、SNS映え間違いなしの一品。思わずスマホで撮りたくなる見た目は、女性を中心に人気を集めています。

 懐かしい牛乳瓶の口には、チョコレートをたっぷりかけた焼きドーナツをオン。「大人の」と名付けている通り、コーヒー牛乳の味わいは、キュートな見た目に反して、ちょっぴり苦みもある控えめの甘さです。
 それもそのはず。ダブルで入れたエスプレッソにミルクを注いで作ります。味は本格派な大人のコーヒー牛乳。焼きドーナツ(230円)がちょこんとトッピングされた様子がかわいく、子ども連れにも喜ばれそうです。

 そのほか、「皆さんが楽しく過ごせる空間にしたい」とラテアートプリントができる機械を使った、ユニークなメニューもラインアップ。なんと写真を持参(データでもOK!)すると、「ラテアートプリント」(200円)として、ラテに写真を転写してくれます。誕生日などのサプライズに活用するのもオススメです。

 平日限定ですが、福岡市東区箱崎のベーカリー「パンストック」のバケットを使ったホットドッグやパニーニ、ハヤシライスなどをメインに、サラダやスープをセットにした数量限定のプレート(980円)を用意しています(土・日曜、祝日は単品で提供)。コーヒーだけでなく、しっかりと食事ができるのもうれしいポイントです。

 また、ガトーショコラなどの自家製スイーツのほか、ビールやハイボール、ワインなどアルコールも充実。仕事の合間にコーヒーでほっと一息、ふらっと立ち寄ってビールをクイッ!など、その時の気分でいろんな使い方ができそうです。

【DATA】
座席…10席
平均予算…1,000円
個室…なし
駐車場…なし

1COFFEE(ワンコーヒー)

住所:福岡市中央区渡辺通2-9-10 W2-A
電話番号:なし
営業:12:00ごろ~20:00ごろ
詳細はインスタグラム  w2_1coffee
火曜、第1・3日曜休

※情報は2019.6.5時点のものです

※掲載されている情報は、2020年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  4. 4感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒し…
    ファンファン福岡編集部
  5. 53歳の息子に胎内記憶を聞いたらビックリ!生前記憶を語り…
    ファンファン福岡編集部