明日オープン! キャナルシティにおもちゃがテーマの「TOYS CAFE」

 “おもちゃ”をコンセプトにしたテーマカフェ「TOYS CAFE 遊べる玩具(おもちゃ)カフェ キャナルシティ博多店」が5月25日(土)、キャナルシティ博多(福岡市博多区)にオープンします。

 タイトー(東京)が手掛ける同店は、イオンモール宮崎店(宮崎市)に続く九州2店舗目。キャナルシティ博多の5階、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」横にあります。
 入店してすぐに目に入る壁に設置された巨大ジオラマでは、鉄道模型が約10mのレール上をひっきりなしに走っています。

 店内は、カフェスペースにソファ席3つを含む16席が用意され、ベビーカーなども置きやすい広々とした造りです。モニターに流れる九州新幹線やななつ星in九州などの映像を見ながら食事ができます。

 東京の原宿発人気クレープショップ「マリオンクレープ」がプロデュースする「PICOCREPE(ピコクレープ)」が九州で初めてフードを提供していて、77種類のクレープをメインにタピオカドリンクやヨーロッパの若者に人気の「フランスドッグ」(税込み500円)などを販売しています。
 これはもっちりとしたソフトバゲット(やわらかいフランスパン)に穴をあけ、ジューシーなフランクフルトや具材を入れたヨーロッパ版のホットドック。「プレーン(ソースなし)」と定番の「マスタードケチャップ」、濃厚なコクを楽しめる「チェダーチーズ」の3種類から選べます。今後、味のバリエーションが増えるかもしれないらしく、要チェックですね。

 もちもち食感の「タピオカドリンク」(14種類、各350円~)を電球の形の容器に入れた「電球タピオカ」(プラス200円)にチェンジするのもオススメ。かわいい容器は、そのまま持ち帰れば再利用もできます。

 カフェスペース横にあるグッズ売り場にも注目を。巨大ジオラマや鉄道模型、鉄道のおもちゃや雑貨を集めた「ポポンデッタ」ではトミカのプラレールをはじめ、車体がプリントされた「電車靴下」など鉄道に関するさまざまなグッズを販売しています。

 九州初出店の「プリンセスワンスプーン」は“誰の心にも眠る、小さじ1杯分のお姫さま願望を呼びさます”をコンセプトに「プリンセス」グッズを販売しています。
 ディズニープリンセスや童話のお姫さま、セーラームーンまで種類は多岐にわたり、キラキラとしたグッズには子どもだけでなく大人も心を動かされそうです。

 グッズはおおよそ1,000種類が用意され、親子で遊べるアイテムがそろっています。カフェで流れているDVDも販売されているので、気に入ったら即、購入できますよ♪

 子どもだけでなく大人もつい童心に返り楽しくなってしまうトイズカフェへ、家族で行ってみては?


TOYS CAFE 遊べる玩具(おもちゃ)カフェ キャナルシティ博多店
住所:福岡市博多区住吉1-2-22 キャナルシティ博多5階
営業:10:00~21:00(L.O.20:30)
電話:物販092-292-2286、カフェ092-292-2086
休みは施設に準ずる

※情報は2019.5.24時点のものです

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【マイナポイントとは?】お得な決済サービスを徹底比較!
    Mochico2408
  2. 2【動画】1000円自販機には、たくさんの夢が詰まってい…
    サラダボウル福岡 大坪
  3. 3「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4ヴィ・ド・フランスのパンが食べ放題!果たして何個食べら…
    unag2000
  5. 5なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部