県五大祭りの一つ、田川市の川渡り神幸祭開催! 11基の幟山笠、鮮やかに

田川市の初夏の風物詩、風治八幡宮川渡り神幸祭が18、19の両日、田川市伊田の彦山川一帯で開かれる。

 16世紀に始まったとされ、県五大祭りの一つに数えられる。神輿(みこし)2基と、色鮮やかな飾りを施した11基の幟山笠(のぼりやま)が勇ましく川を渡る。

 18日は、風治八幡宮を出発した神輿が、川の向こうのお旅所に向かう「お下り」。午後1時に八幡宮で祭典があり、獅子楽の奉納後、お供の幟山笠を従えて神輿が出発する。同3時半に川渡りが始まり、山笠を前後に激しく傾ける「がぶり」を披露する。
 19日は八幡宮へ戻る「お上り」。午後0時半に神輿と山笠がお旅所を出て、同1時半から再び川を渡る。出発前には「みこしをかつぐ会」が結成45周年を記念し、もちまきを予定。
 お旅所近くにはステージを設置。18日午後6時半からダンス大会、19日午前11時40分から炭坑節総踊りがある。
 会場周辺は両日とも交通規制がある。主な駐車場は市役所、県立大、県土整備事務所、東田川ボウル跡地の4カ所。市役所と会場近くを結ぶ無料シャトルバスを15分間隔で運行する。市たがわ魅力向上課=0947(44)2000。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【マイナポイントとは?】お得な決済サービスを徹底比較!
    Mochico2408
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3【マイナポイントとは?】子どものマイナンバーカード申請…
    Mochico2408
  4. 49歳の息子が門限を過ぎても帰宅せず、必死で探した魔の時間
    ファンファン福岡編集部
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部