県五大祭りの一つ、田川市の川渡り神幸祭開催! 11基の幟山笠、鮮やかに

田川市の初夏の風物詩、風治八幡宮川渡り神幸祭が18、19の両日、田川市伊田の彦山川一帯で開かれる。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 16世紀に始まったとされ、県五大祭りの一つに数えられる。神輿(みこし)2基と、色鮮やかな飾りを施した11基の幟山笠(のぼりやま)が勇ましく川を渡る。

 18日は、風治八幡宮を出発した神輿が、川の向こうのお旅所に向かう「お下り」。午後1時に八幡宮で祭典があり、獅子楽の奉納後、お供の幟山笠を従えて神輿が出発する。同3時半に川渡りが始まり、山笠を前後に激しく傾ける「がぶり」を披露する。
 19日は八幡宮へ戻る「お上り」。午後0時半に神輿と山笠がお旅所を出て、同1時半から再び川を渡る。出発前には「みこしをかつぐ会」が結成45周年を記念し、もちまきを予定。
 お旅所近くにはステージを設置。18日午後6時半からダンス大会、19日午前11時40分から炭坑節総踊りがある。
 会場周辺は両日とも交通規制がある。主な駐車場は市役所、県立大、県土整備事務所、東田川ボウル跡地の4カ所。市役所と会場近くを結ぶ無料シャトルバスを15分間隔で運行する。市たがわ魅力向上課=0947(44)2000。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1義実家に同居…妻の苦労は伝わらず?自己中な旦那をギャフ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子作りを邪魔しているのは姑?!舅姑との同室温泉旅行は、…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【姑にドン引き】近居願望の強い姑が見つけてきた物件は、…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「コンビニワープ」を絶滅せよ!痛ましい幼子の死亡事故発…
    久留仁譲二