1年生の壁!? ぐー握りで鉛筆の芯がバキバキに…

 息子が新1年生になり、悩んだのが鉛筆を上手に持てないことでした。ぐー握りで鉛筆を力強く持ち、角度もほぼ直角…。せっかく削った鉛筆の芯がバキバキと折れてしまう始末です。そこでわが家で実践した、矯正に役立った方法をご紹介します
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
iStock.com/Milatas

■直面した1年生の壁
 春からピカピカの新1年生! 息子は大好きなキャラクター文具をそろえ、やる気満々でした。
 慣れない手つきで鉛筆を削り、買ったばかりの筆箱にセットしています。そんな姿をほほ笑ましく見ていたのもつかの間、いざ小学校に入学すると「文字を読むのが苦手」など、心配なこともたくさん出てきました。
 中でも一番悩んだのが、鉛筆を上手に持てないことです。
 ぐー握りで鉛筆を力強く持ち、角度もほぼ直角…。せっかく削った鉛筆の芯がバキバキと折れてしまう始末です。
 私は息子に「親指と人さし指、中指の3本で軽く鉛筆を持つんだよ」と教えるのですが、なかなかうまくできません。何度も教えているうちに「お母さんのやり方だと字が書けない!」と、かんしゃくを起こしてしまいます。
 どうすればよいものか…。1年生になって直面した最初の壁でした。思い返せばクレヨンで絵を描いていた幼児期から、ぐー握りでした。もっと早いうちから、握り方を教えるべきだったと後悔しました。

iStock.com/mdurinik

■矯正に大活躍したアイテムとは
 鉛筆が上手に持てない悩みをママ友に相談していたところ、矯正に効果的な方法を教えてくれました。
 それは「三角鉛筆」を使うこと。息子が普段使用している鉛筆は、円もしくは六角形のものがほとんど。三角鉛筆は名前のとおり、軸が三角形になっています。
 三角鉛筆を持つと、自然と親指と人さし指、中指が各面にフィットしました。最初は使い慣れない三角鉛筆に「使いづらい」とわめいていましたが、慣れてしまえばお手の物です。ぐー握りだったのが、しだいに正しい鉛筆の持ち方に改善されていきました。まさにこれは秘密兵器です!
■子どもに適した矯正グッズを使ってみる
 もう一つ試したものが、指を正しい位置にそえられる「サポーター」です。専用の鉛筆にサポーターを差し込むと、指をそえる場所が出来上がります。
 簡単で便利なアイテムだと思いましたが、息子の場合は三角鉛筆の方が使いやすかったようで、サポーターは家に眠っています。いろいろ試してみて、一番子どもに適した方法を見つけるのもポイントだと思いました。
 三角鉛筆を使ってしばらくすると、鉛筆の芯がバキバキ折れることはなくなりました。大人にも言えることですが、一度クセがついてしまうと直すのに時間がかかります。子どものうちに、正しい持ち方を教えておきたいと感じた体験でした。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 1年生の壁!? ぐー握りで鉛筆の芯がバキバキに…