博多座で舞台「めんたいぴりり~博多座版~未来永劫編」が開幕

 博多座(福岡市博多区)で3月30日、舞台「めんたいぴりり~博多座版~未来永劫編」が開幕しました。辛子めんたいこの生みの親とされる「ふくや」の創業者・川原俊夫さんの波瀾万丈の人生をもとに描く同作。2013年にドラマとして誕生し、舞台化、映画化され、今回4年ぶりに博多座の舞台に帰ってきました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 主人公の「ふくのや」店主・海野俊之を演じる博多華丸さん、妻・千代子役の酒井美紀さんなど、ふくのやファミリーのキャストは前回の舞台と同じ顔ぶれ。豪華な新キャストに、小松政夫さんや大空ゆうひさん、相島一之さん、川原和久さん、藤吉久美子さん、Wキャストの原西孝幸さん(FUJIWARA)とワッキーさん(ペナルティ)などがそろいます。

 舞台は昭和30年代。人と酒、山笠が大好きな俊之と、夫に振り回されながらも支える千代子、俊之を信じて付いていくふくのやファミリー。“未来永劫編”と題して、新たなエピソードを盛り込んだ作品になっています。

 脚本・演出を手掛ける東憲司さんは「ドラマ、映画の世界観に敬意を払いつつ、演劇の力を信じて、さらに爆発的なエネルギーを感じられる物語にしました」と話します。

 華丸さんは「(初日を前に)あまり緊張感がない(笑)。ということはいい作品になるんじゃないかな」と自信たっぷりの笑顔を見せます。「プロ野球の開幕や新元号の発表など、いろんなタイミングが重なる時期の公演。それも一つの後押しと思って、がんばって努めたいと思います」と意気込みを語りました。

 困っている人には手を差し伸べる。手を取り合いながら笑って、時には涙して・・・。それぞれの思いを胸に懸命に戦後を生き抜いた人たち。スマホとにらめっこばかりしがちな現代の人たちに、“人情”を思い出させてくれる作品です。


めんたいぴりり~博多座版~未来永劫編
期間:3月30日(土)~4月21日(日)
場所:博多座(福岡市博多区下川端町2-1) 
料金:A席12,000円、特B席9,000円、B席7,000円、C席4,000円
問い合わせ:博多座電話予約センター
電話:092-263-5555 (10:00~18:00)

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  4. 4感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒し…
    ファンファン福岡編集部
  5. 53歳の息子に胎内記憶を聞いたらビックリ!生前記憶を語り…
    ファンファン福岡編集部