別府温泉 杉乃井ホテル調査団【ワールドダイニング「シーダパレス」編】

 大分県別府市の「別府温泉 杉乃井ホテル」。同ホテルの名物といえば、バイキング形式のレストラン。これを楽しみに何度も足を運ぶファンが後を絶たないといいます。料理はもちろん、演出やサービスにとことんこだわったHana館宿泊者優先の「ワールドダイニング『シーダパレス』」。今回はその全容をファンファン福岡編集部が調査しました!

★調査1★
会場は2つ! どんな雰囲気?

ビッグな水槽が出迎えるヨーロピアンな特別空間
 夕食バイキングの会場は2つ。本館にある「シーズ」と、Hana館宿泊者優先のワールドダイニング「シーダパレス」です。
 まず驚くのが「シーダパレス」のヨーロピアンな空間。“豊後別府は東洋のナポリ”と例えられたことから、イタリアのナポリの街をイメージしているとか。浴衣で歩くのが面白く感じてしまいます。中央にどーんと構える巨大水槽にも目を奪われます。
 一方「シーズ」は、広々とした空間にテラス席も隣接しています。和、洋、中ずらりと並んだ料理に圧倒されます。どちらも魅力的ですが、今回は人気の「シーダパレス」を体験してきました。

★調査2★
「シーダパレス」 料理の充実度はいかに?

 メニューの一番人気は石釜焼きの本格ピザ。福岡市の有名ピザ店「ガエターノ」が監修する、もちもち生地のナポリピザが食べ放題です。これはうれしい!

 ほかにもフォアグラ丼、フカヒレラーメン、うなぎの蒲焼き、ステーキ、から揚げ、パスタと充実。フルーツ、サラダ、デザートも種類が多くて女子ゴコロをくすぐります。なんと離乳食もありますよ。 

「シーダパレス」人気No.1は石窯焼きの本格ピザ!

「シーダパレス」人気No.2は国産牛ステーキ!

「シーダパレス」人気No.3はフォアグラ丼!

 4月8日(月)からは毎年大好評の「カニ祭り」がスタートします。追加料金不要でカニ料理が食べ放題になるというから見逃せませんね。

プラス料金で特別メニューも
 さらに「少しだけぜいたくして大分の旬の食を楽しみたい」という時は、プラス1000円で地場の新鮮魚のお造り、関アジ、豊後牛のミニステーキなどの特別メニューがいただけます。関アジやおすしが本当にこの価格でよいのでしょうか? 感動的です。

 これら料理の指揮をとるのは食生活文化賞を受賞した総料理長の成安 宣章さんです。

★調査3★家族に人気の秘密とは?
 1日2回カルテットの生演奏 見上げれば天空ショー

 食事をしていると、外国人カルテットの生演奏が始まり、イタリア民謡でナポリの雰囲気を盛り上げていました。テーブルを回って歌ってくれて、家族連れがとても喜んでいる姿が印象的でした。1日に2回の出演で「シーダパレス」「シーズ」どちらでも楽しめます。

 見上げると天空には流れ星が。子どもも大人も、わくわくする演出ですね!

<調査結果>
◆最初に1周、狙いを定めよ
 メニューの種類が半端ではないので、ペース配分と組み立てを考えるためにも、まずは1周して全容をつかむこと。絶対に食べたい料理に狙いを定めること。

◆人気メニューを攻略せよ
 多くの人が納得した人気メニューから攻めるのは賢い選択。ピザ、ステーキ、フォアグラ、うなぎ、すし。「人生初フォアグラは杉乃井」という人も多いとか。

◆ナポリ感を満喫せよ
 浴衣を着ていても、ここはナポリ。街並みや生演奏を満喫するべし。時には一緒に歌ってみて。

◆1度で全制覇はムリと心得よ
 とにかく種類が多いので、全制覇は難しい。次回に楽しみを取っておく勇気も持つこと。

 「杉乃井ホテル」はほかにも温泉、イルミネーション、アミューズメントなどお楽しみがいっぱいです。次回以降、詳しく調査します!


別府温泉 杉乃井ホテル
住所:大分県別府市観海寺1
電話:0977-24-1141(代表)
   0977-78-8888(予約センター)

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1冬の長崎県佐世保市を遊ぶ! 編集部おすすめ家族向け1日…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2妊娠希望なら無排卵を放置してはダメ! 基礎体温でわかる…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子どもの嘔吐。病院に連れて行く? どう対処したらいい?
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【週末の福岡イベント情報】1月18日(土)~19日(日)
    ファンファン福岡編集部
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部