移転オープンして売れているアイテムTOP5は?【とうじ きらめき通り店】

 娘の友達に誘われたアイススケート。「私のママが、誰か大人がもう1人来てくれたら行っていいって」と言うので一緒に行くことにした私でしたが、その友達のママさんが当日来ないというハプニングが。

◆ 「とうじ きらめき通り店」の3月4日~15日の販売個数でランキング。価格は同店店頭税込み価格。

お祝い用カードやのし袋絵はがきが人気
 「3月4日に移転オープンし、これまでの常連の方々に加え、岩田屋や福岡三越に向かう途中に足を止めてくださる方、外からのぞいて「かわいい」と立ち寄ってくださる若い女性などが新しく増えています。今は卒業、入学、入社のお祝いのシーズン。カードやのし袋、絵はがきが特に売れています」と松井店長。

★1位★侍カード〔福井朝日堂〕(全8種) ※カード立て付き1枚 税込み864円

<ココがリアルガチ>
売れてるワケは?華やかで細工が細やか★誰が買うの?男女共に。若い世代も
 「お子さんやお孫さん、外国の方や外国に住む友人・知人へのグリーティングカードとして購入される方が多いです。京都で1枚1枚手作りされていて、陣羽織部分は千代紙で柄が違うなど凝っています。人気1位は(伊達)『政宗』、2位は(武田)『信玄』」

★2位★三反栄治ボタニカルポストカード〔アトリエサンタン〕1枚 130円

<ココがリアルガチ>
 「福岡市在住のイラストレーターさんが描く、優しい色使い、繊細なタッチの植物画絵はがき。リピーターもたくさんいます」

★3位★手書き金封「ワイロ」「そでの下」〔マルジン〕大1枚 302円、小1枚 216円

<ココがリアルガチ>
 「『ワイロ』『そでの下』の文言はとうじが提案。そのユーモアがうけています。プリントではなく1枚ずつ手書きなのも魅力」

★4位★印伝 印鑑入れ〔印傳屋〕1個 1,512円

<ココがリアルガチ>
 「縦型と横型があり、柄の種類が多彩。朱肉も付いた優れもので通年人気の品。自分が使って気に入ったと贈り物にする方も」

★5位★Sola cube(ソメイヨシノ、カワズサクラ)〔ウサギノネドコ〕各7,538円

<ココがリアルガチ>
 「本物の花や木の実をアクリル樹脂に閉じ込めた美しいインテリア。植物の種類は多いのですが、この季節は特にサクラが人気です」


◆店舗情報◆
 ペンに名入れいかが 店は通路を挟んで2つのスペースに分かれ、福岡三越側は万年筆やボールペンなどの筆記具やはがき類、きらめき通り沿い側はカードやのし袋、和風小物などが並びます。
 「ペンや万年筆の贈り物に、プラス1,080円で名前をお入れしています」と松井店長。根強い人気のサービスです。

●こんな個性的な品も!

とうじ きらめき通り店
住所:福岡市中央区天神2-1-1 きらめき通り地下
電話:092-721-1666
営業:10:30~19:30
年末年始休

※情報は2019.4.4時点のものです

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【マイナポイントとは?】お得な決済サービスを徹底比較!
    Mochico2408
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3【マイナポイントとは?】子どものマイナンバーカード申請…
    Mochico2408
  4. 49歳の息子が門限を過ぎても帰宅せず、必死で探した魔の時間
    ファンファン福岡編集部
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部