今ここにしかないものに出合える「花屋マウンテン」

 白いカーテンが半分ほど閉まり、看板は花の形のネオンのみ。店主自らが認めるほど入りにくい「花屋マウンテン」(福岡市中央区)。取材中も、ガラス窓越しに「何の店なの?」と言わんばかりに店内をのぞき込む視線に何度もぶつかった。「あえてそうしている部分もあるかもしれません」と笑う店主の繁森誠さんに話を聞いた。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

Q. 花屋を始めたきっかけは

 僕は山などの自然の中で過ごすのが好きなんですが、以前勤めていたところはそれとは逆の環境でした。「無菌室」状態で休憩に行くたびに作業着を着替えてエアシャワーを浴びないといけないようなところでした。
 ある日、休憩から職場に戻る時にふと空を見上げたら、すごくいい天気だったんです。こんな日は外でのんびりしたいのに、自分は人が生きていくのに不自然な環境に戻ってパソコンに向かわなくちゃならないのかと。1週間のうち5日間我慢して働いて、自然な生活は2日間って逆なんじゃないのと、ふと思ったんです。

 じゃあ、そういう生活を送れるように、自分で何か始めようと考えました。まず自分のしたいこと、できることを書き出して「自然に触れられて、自分のセンスを生かしてオリジナリティーが出せるもの」を取捨選択していったら、それが「花屋」でした。
 もともと花には全然興味がなかったんですが、一度意識すると、街中の花屋さんや、映画の中の花まで目に留まるようになりました。世の中が変わらなくても、自分の意識が変わると、世界を見る目がガラリと変わるんだと知りました。
 その後、33歳で会社を辞め、3年間いろんなタイプの花屋さんで修業を積んで、36歳の時にこの店をオープンしたんです。

Q. 開業資金はどのくらい必要でしたか

 イメージしていた店は、昔ながらの古い家屋のような雰囲気がある空間です。物件探しから始め、最終的にサラリーマン時代の貯金で十分賄えました。
 物件の改装は自分で行ったし、サラリーマン時代に付き合いのあった設備業者さんたちがとてもよくしてくれたので、費用は数十万円で済みました。花瓶などの器具も同じくらいかかったかな。実は一番費用がかかったのは車なんです。仕入れや配達に必要だったので、軽のバンを購入しました。

Q. あえて「入りにくい店」にしたのですか

気持ちの中ではウェルカムなんですよ。でも、オープンしているのにカーテンを閉めていることもあります。その方が、店内の光の感じがすごくきれいということもあるんです。

 中に入らないと分からないので、それでも入って来てくれた方には「よく来たね!」という感じです。ハードルが高いかもしれませんが、だからこそ行ってみたくなる、ということもあると思います。それぞれ好みや相性もありますし、ネオンの看板とか、店の外観を見て来てくれる方は、ここに置いてある花もタイプなんじゃないでしょうか。

Q. こだわりを教えてください

 「どこまでが商品?」とよく聞かれますが、ほとんど全部売り物です。自分でいいと思ったものだけをセレクトして置いています。
 コンビニエンスストアみたいに、いつでもどこにでもある物って不自然だと思うんです。自然のものなんだから、季節で商品が変わるのは当たり前だし、どの花屋でも手に入る物だとつまらない。うちにわざわざ来てくれるお客様には、この店でしか手に入らない物を届けたいと思っています。
 市場で買うと同じような品ぞろえになってしまうので、自分で育てたり、山を持っている方にお願いして採らせてもらったりした物を店に置いています。だから、他の店には絶対にないし、同じ物もありません。毎年8月は1カ月間休んで、日本中を回って、いろいろな物を集めてきます。
 「これ買ってどうするのかな?」と僕も思うことがありますけど、全ての商品は僕がよかれと思って置いているので、そのセンスを信頼して買ってくれるお客様がいることがうれしいです。

┗ この石も実は売り物。海外旅行に行く知人に「石を拾ってきて」と頼むこともあり、カナダやグアテマラの石も置いている

Q. 理想と現実とのギャップは

 会社員時代とは、比にならないくらい楽しいです。会社員の頃は安定した収入があり、欲しい物も手に入ったけれど、それって自分にとってそんなに重要なじゃなかったんです。
 山に登ったり、キャンプをしたりするときと同じで、生きていくために本当に必要なものの量って実はそんなに多くない。真面目に仕事をして週末思いきり遊ぶんじゃなくて、遊びを仕事にした感覚なので、この仕事を始めてきつかったことはありません。
 オープンして7年目ですが、当初はSNSがはやり始めた時期だったので、こういう店が好きな方たちがどんどんアップしてくれて、宣伝らしい宣伝もせずに楽しく運営しています。

Q. 2階の喫茶店はどんな空間ですか

 「Qch(キューチャンネル)」という不定期の座談会を月1、2回(土曜夜7~9時)やっています。 よく、キャンプに行ってテントで寝ていると、「好きなヤツ誰?」みたいな話になるじゃないですか。普段話さないことも何だか話せる、みたいな。この花屋も非日常的な空間なので、そうやってコミュニケーションをとるのが当たり前になってきて、最近では座談会まで開くようになっちゃいました。以前開催した「お金とは何だと思いますか?」というテーマの回では、お金に対する考え方をシェアすることで、新しい発見もありましたよ。


Q. 今後どんなことをしていきたいですか

 座談会「Qch」を電波に乗せてみたいです。実際に来るのは難しい方もいるので、せめて様子を見たり聞いたりしてもらえればと思っています。参加しているのはインスタグラムなどで募集した一般の方々で、偉い人が正論を言っているわけでもないし、親しい人には普段聞けないこともこの場ならいろいろ聞ける。テーマもまだたくさんありますし、本当は毎週やりたいくらいです。

 みんな自分の考えていることツイートして言ってるつもりになっているけど満足できているのかなと思うんです。SNSで全世界に発信しているのに、隣にいる人とはどうして喋らないんだろうと。面と向かって話をするのは責任もあるし、勇気もいるけれど、それが本来の自然な姿だと思います。座談会の様子を電波に乗せることで、「Qchやってるから聞こうかな」って思う人が増えて、少しずつつながりや新しい考え方が広がっていくと面白いですね。

花屋マウンテン 繁森 誠

1976年生まれ、福岡県出身。会社員を経て、33歳で花屋としての人生をスタート。36歳で「花屋マウンテン」をオープン。「好きな自然に囲まれて、好きな時間においしいコーヒーを飲む」というシンプルな願いの下、ユニークな品ぞろえと試みで、多くの顧客の心をつかんでいる。

※情報は2019.4.1時点のものです

mymo
あわせて読む
15万円で開業! 街と店と人をつなぐリヤカーの「おむすび専門店」
※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【夫の実家でドン引き】産後の私を襲った驚愕の習慣!
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 今ここにしかないものに出合える「花屋マウンテン」