【速報】西新の新商業施設の名称は「プラリバ」に決定! テナントも発表

 福岡市早良区の市営地下鉄西新駅に直結する商業施設「西新エルモールプラリバ」跡で再開発を進める東京建物(東京)などは2月27日、7月に開業する商業施設棟の名称を「PRALIVA(プラリバ)」にすると発表しました。テナントは約40店で、スーパー「フードウェイ」や雑貨店「プラットインキューブ」(仮称)が入居。英語を使う子ども向けのフィットネスジム「My Gym(マイジム)」などが九州初出店となります。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 開発前と同じ「PRALIVA」という名称に決めた理由について、同社は「地域で親しまれた歴史を継承し、再び西新のランドマークとして愛される施設を目指した」と説明しています。

 商業施設棟は地上4階、地下2階。メーンターゲットは、西新駅を利用する人や近隣住民で、地域の憩いの場になるよう、施設全体を「ツナグニワ」というコンセプトでデザインしているといいます。

 地下2階ではスーパー「フードウェイ」のほか、京都発のパン店「グランディール」が九州初出店します。地下1階はコーヒー豆・輸入食品の「カルディコーヒーファーム」と、洋風総菜の「デリサラ」(九州初出店)。1階には雑貨・コスメの「プラットインキューブ」が入ります。

 2階に入る子ども向けのフィットネスジム「My Gym」は、運動だけでなく、アートやプログラミングなどのクラスもあり、全てのクラスを英語で進行するのが特徴です。

 3階のテナントは公表されていませんが、雑貨店を集めたフロアになるそうです。

 4階は2021年春に遅れてオープンする予定。テラスやイベントスペースに加え、カフェなどを集めた空間になるといいます。

 福岡市内の中でも人気のエリア・西新がさらに盛り上がりそうですね。

※情報は2019.2.27時点のものです

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  3. 3祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その肆(よん)「川が呼ぶ」
    チョコ太郎