福岡の書店員さん、君の推薦する本を読みたい!【福岡キミスイ本 第4回】

 2019年、新年おめでとうございます。今年もファンファン福岡の「福岡キミスイ本」シリーズでは、福岡の書店員さんを訪ねて、福岡ゆかりの本を紹介してもらいます。第4回は「TSUTAYA BOOKSTORE マークイズ福岡ももち店」の店長・森永勇作さんの登場です。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

「福岡県は先行して映画が公開されました。ぜひ、本も手にしてください」と森永勇作店長

「ふくや」創業者・川原俊夫さんがモデルの物語

「めんたいぴりり」 東憲司 著

―森永店長が手にされているのは「めんたいぴりり」(集英社文庫・540円+税)ですね!

 はい。いわずと知れた、辛子めんたいこを製造、販売する「ふくや」(福岡市)の創業者・川原俊夫さんがモデルの物語です。「映画めんたいぴりり」が公開されたばかりで、“めんぴり”の話題が盛り上がっています! 本書は2013年に放映された同名ドラマのノベライズで、ドラマで脚本を担当した東憲司さんが書き上げた小説です。単行本サイズはなく、文庫版だけ販売されているんですよ。

ドラマの脚本家・東憲司さんによるノベライズ「めんたいぴりり」(集英社文庫・540円+税)

―ドラマや映画では博多華丸さんが主人公を演じています。

 そう、その印象も強いのですが、この人物像が、小説でもとても魅力的に描かれているんです。みんなを巻き込んでいく温かい人柄、周囲がほだされるほどのアツい福岡愛。“人たらしの男の人生”とでも言うのかなあ。

―ストーリーは、「ふくのや」の辛子めんたいこ誕生秘話を中心に、主人公の博多祇園山笠に傾ける情熱、家族愛などが、小気味よい博多弁とともに展開しますね。

 主人公が周囲と力を合わせ、仲間意識を持って何かを成し遂げていくやり方というのは、今の時代にこそ注目されるべき方法論なのではと感じました。今の若い人が企業のトップやリーダーに求めているのは、案外、人間味や温かさだったりするのかなと。そういえば成功しているIT企業の人たちって、家族的というのか、物語の中の「ふくのや」と同じような雰囲気だったりしますよね。

―多くのスタッフを抱える立場の店長さんとしても、大いに参考になったということですか?

 そうなんですよ(笑)。バイトさんは大学生がほとんどということもあって、物語のように和気あいあいと進められたらいいですね。

関連本やふくや商品を集めたコーナーも

川原健著「明太子をつくった男」(海鳥社・1200円+税)

―店内の「めんたいぴりり」コーナーが目立っていますね。

 ドラマの原作にあたる「明太子をつくった男」(海鳥社・1200円+税)や作品ガイド本といった関連書籍、ふくやの商品などを紹介しています。

「ふくやさんと積文館グループのコラボ缶づめ『せきぶんかんかん』も数量限定で販売しています」

―館内の映画館「ユナイテッド・シネマ福岡ももち」とのコラボもされたとか。

 『映画めんたいぴりり』の鑑賞券を使った催しを実施しました。今後もこのように、マークイズももち館内の店舗と、楽しいコラボをしていけたらと考えています。

―小説を読んでから映画を見たいと思いますが、どうでしょう。

 エピソードや会話が面白くて、ぱっと一気に読める本なので、(映画を)見てから(小説を)読んでも、読んでから見ても、どちらもいいと思いますよ。読後は、一層福岡のことが好きになっているハズです。皆さんもぜひ!

※情報は2019.1.11時点のものです

※掲載されている情報は、2020年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「チョコレートショップ」がパリ出店!3代目佐野恵美子さ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子どもの携帯代が高いと思う方へ ~私は、100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【続編】子どもの携帯代が高いと思う方へ~100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部