幻想的な光の中を散歩したい! シンガポールでアートに浸る旅を

 世界各国に旅する魅力を伝えるキリトルトラベルのVOL.9。今回は、国内外からギャラリーやアーティストが参加し、 街のいたるところに彫刻など美術作品が出現するシンガポールのアート週間の話題です。新年、アートに浸る旅などいかがでしょう?
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

東南アジア最大のアートの祭典「シンガポール・アート・ウィーク」

 シンガポールが毎年1月に国を挙げて展開する、大規模なビジュアルアートの祭典「シンガポール・アート・ウィーク」。2019年は1月18日(金)~27  日(日)に実施されます。

 観光地として名高いマリーナベイ地区の代表ホテル「マリーナベイ・サンズ」では、100を超えるギャラリーが参加し、国内外からファンやバイヤーが訪れるフェア「アート・ステージ・シンガポール」を開催。 国立美術館「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」では、ライブパフォーマンスや体験型インスタレーションが、広い敷地内にギャラリーが集積する「ギルマン・バラックス」では、アート鑑賞後にライブ音楽や飲食パーティーも楽しめます。
 さらに1月18日~2月24日(日)まで、美術館や博物館などの建物へのプロジェクションマッピング「ライト・トゥ・ナイト・フェスティバル」が実施されます。

 また1月28日(月)~2月24日には、ラッフルズ卿上陸200周年を祝い、マリーナベイで光のインスタレーション「アイ・ライト・シンガポール」を開催。幻想的な光の中を散歩するのも素敵ですね。

シンガポール・アート・ウィーク
★シンガポール各所でアートイベントを開催
期間:2019年1月18日(金)~27日(日)
問い合わせ:シンガポール政府観光局日本支局 電話:03-6269-9900

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「チョコレートショップ」がパリ出店!3代目佐野恵美子さ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子どもの携帯代が高いと思う方へ ~私は、100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【続編】子どもの携帯代が高いと思う方へ~100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 幻想的な光の中を散歩したい! シンガポールでア…