九州初! デジタルで遊ぶ「Little Planet」

 デジタル技術を駆使した体験型知育屋内テーマパーク「Little Planet(リトルプラネット)」が、福岡市西区小戸に九州で初めてオープンしました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 テーマパーク企画、設計、アトラクション開発・運営を展開するプレースホルダ(東京都品川区)が「“遊び”が“学び”に変わる」をコンセプトに運営する「Little Planet」。九州初の常設パークとして計13点のアトラクションを設置し、グッズも販売します。
 アウトレットⅢ棟2階奥に見える、かわいいもぐらのマークが目印です。周辺には子どもたちの楽しそうな声が響き渡ります。“デジタル技術を駆使している”というので、「ゲームセンターのようなものかな?」と入り口をくぐると、想像した光景とは全く違う世界が広がっていました。
 まるで宇宙かと思うような光景に大人でも思わず「わあ!」という声が出てしまいます。
 まず目に飛び込んできたのは、施設で8割以上の人が「好き!」と答えるというデジタルボールプール「ZABOOM(ザブーン)」。プロジェクションマッピングできらきらと輝く映像が投影されたボールプールに、子どもも大人も一目散飛び込んでいきます。泳いだり、プールの中にある小さな山に上ったり…。
 
 壁にも映像が映し出され、マスコットキャラクターの“モグー”を助けるために星やキューブにボールを当てるゲームも楽しめます。ウキウキするような音楽も流れていて、踊りだす子どもも。一緒に入っていたお母さんたちも思わず童心に帰ってしまったようで、ボールを投げて遊んでいました。
 「ZABOOM」のすぐ隣には、デジタル落ち葉拾い「DISCOVERY LEAF(ディスカバリーリーフ)」が。落ち葉を集めたり、落ち葉の下にいる生き物を探したり。楽しみ方はいろいろです。目にも鮮やかな落ち葉は見ているだけでもとても癒やされます。
 
 次に気になったのはAR(拡張現実)砂遊び「SAND PARTY!(サンドパーティー)」。“みらいの砂遊び”と称した、砂場に映像を組み合わせたアトラクションです。穴を掘ればトンネルが出来、海を広げたり、森を増やしたりと自由自在。刻々と姿を変える砂山に大興奮です。

 壁にも映像が映し出され、マスコットキャラクターの“モグー”を助けるために星やキューブにボールを当てるゲームも楽しめます。ウキウキするような音楽も流れていて、踊りだす子どもも。一緒に入っていたお母さんたちも思わず童心に帰ってしまったようで、ボールを投げて遊んでいました。

 「ZABOOM」のすぐ隣には、デジタル落ち葉拾い「DISCOVERY LEAF(ディスカバリーリーフ)」が。落ち葉を集めたり、落ち葉の下にいる生き物を探したり。楽しみ方はいろいろです。目にも鮮やかな落ち葉は見ているだけでもとても癒やされます。


 次に気になったのはAR(拡張現実)砂遊び「SAND PARTY!(サンドパーティー)」。“みらいの砂遊び”と称した、砂場に映像を組み合わせたアトラクションです。穴を掘ればトンネルが出来、海を広げたり、森を増やしたりと自由自在。刻々と姿を変える砂山に大興奮です。

 砂場に映し出されている山には動物が走り回り、海や川には魚が泳いでいます。砂場に付属している虫眼鏡を使って拡大させて見ることもできるので、子どもたちは片手に虫眼鏡、片手にスコップを握りしめ、真剣な表情で遊んでいました。生き物を見つけるたびに歓声が!
 プレースホルダの髙橋さんがおすすめしてくれたのは、全国のリトルプラネットでも初のアトラクション「FLAPPY(フラッピー)」。トランポリンを跳ぶと目の前の映像と連動し雲の上まで飛んでいけるような気分が体感できます。
 体を動かすアトラクションだけでなく、ゆっくり座って遊べるアトラクションも。

 「PAPER RIKISHI(ペーパーリキシ)」は、あらかじめ用意されている数種類の展開図に色を塗り、配色によって強さが変わるデジタル紙相撲。自分の塗った絵が実際に大画面で相撲をとっている姿を見て、大喜びする子どもたち。自分の絵を懸命に応援する姿に見ているこちらも手に力が入ります。

  ほかにも描いた絵が動きだす「DRAW YOUR WORLD(ドローユアワールド)」、手や洋服が汚れないデジタル落書き「SPRAY PAINTING(スプレーペインティング)」なども。

 年齢も性別も関係なくみんなで楽しく遊べるテーマパークです。

 お土産におすすめなのは「しゃべるARクッキー」(6枚セット/税込み900円)。携帯に専用アプリをダウンロードすることで、クッキーの「チャッティ」と会話することができます。おいしくて楽しいお土産は喜ばれそうですね。

 荷物を預けるロッカーも完備しているので、買い物の後でも大丈夫。家族で思う存分楽しめます!


Little Planetマリノアシティ福岡
住所:福岡市西区小戸2-12-30 アウトレットⅢ棟2階
営業:10:00~19:00(入場18:30まで)
定休:マリノアシティ福岡に準ずる
料金:30分700円、フリーパス(平日)18歳以上1,800円、17歳以下900円、フリーパス(休日)18歳以上2,400円、17歳以下1,200円
問い合わせ:Little Planetマリノアシティ福岡
電話:092-707-6560

※情報は2018.12.20時点のものです

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  4. 4感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒し…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5もしかして口クサイ!?アナタの口臭危険度チェック!
    ファンファン福岡編集部