徹底ガイド! キャナルにオープンする英国発の体験型玩具店「ハムリーズ」

 テーマパークのような世界観を目指す英国発の玩具店「ハムリーズ」が12月1日(土)、福岡市博多区の商業施設「キャナルシティ博多」にオープンします。11月28日にあった内覧会で、早速中を巡ってきました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 ハムリーズは今回、日本に初めて進出。横浜市(11月30日開業)と福岡市のキャナルシティ博多(12月1日開業)でほぼ同時にオープンします。日本は19カ国目の展開となりますが、国内の2店は英国ロンドンの本店よりも広く、世界の店舗の中でも有数の規模を誇ります。
 キャナルシティ博多店は約5,000㎡で、メリーゴーランド(1回300円)や有料のプレイルームなどを配置。スタッフがおもちゃで遊んでみせたり、「エンターテイナー」と呼ばれるパフォーマーが来店客をもてなしたりするなどサービスを重視し、長時間遊べる空間を目指していくといいます。

 店内に入ると、ハムリーズのキャラクターやエンターテイナーが出迎えてくれます。

 店内は、ブロック、ゲーム&パズル、ぬいぐるみなどの売り場に分かれています。商品は約6,000品目の約10万個。うち3割がハムリーズのプライベートブランドの商品です。「I ❤ NIPPON」と書かれたぬいぐるみは日本限定販売です。

 店内のいろいろな場所で、スタッフがおもちゃの遊び方を見せています。気に入ったおもちゃを見つけたら、子どもたちはずっと見入ってしまいそうですね。

  大人も楽しめそうなドローンのデモンストレーションもあります。

 有料のプレイルーム(約500㎡)にはさまざまな遊具があり、ボールを投げたり、クライミングをしたり、たくさん体を動かして遊べます。

 「ロンドンバス」の乗り物は博多店限定です。

 ちょっと一息つきたくなったら店内のカフェへ。ウサギやクマのアイスなどかわいいメニューがいっぱいです。

  カフェは、絵本の世界に迷い込んだような世界観を演出しているそうで、画像を投影したテーブルで料理を味わうこともできます。

 店内では1日1~2回、エンターテイナーによるパレードが開かれる予定です。

 キャナルシティ博多店の来店客数の目標は年間400万人。日本でハムリーズを運営するバンダイナムコアミューズメントのハムリーズプロジェクトリーダー甲斐啓介さんは「まずは博多と横浜で、しっかりハムリーズのブランドを確立していきたい。いずれは大型、中型、小型を合わせて日本で20店ほどを展開したい」と話していました。

 話題のスポットとなりそうなハムリーズ。気になる方はぜひ足を運んでみてください。

ハムリーズ キャナルシティ博多店
場所:キャナルシティ博多「キャナルシティオーパ」内(福岡市博多区住吉1-2-22)
開業:12月1日(土)
営業:10:00~21:00
面積:約5,000㎡

※情報は2018.11.28時点のものです

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  2. 2「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部