幻の若冲版木が縁側に 伊藤若冲の「乗興舟」 連載「オークラコレクション裏話」㊥

 12月9日まで、福岡県太宰府市の九州国立博物館で開催中の展覧会「オークラコレクション」。明治・大正期の実業家大倉喜八郎と長男でホテルオークラ創業者の喜七郎が集めた美術品約110点には、隠された逸話がある。九州国立博物館の主任研究員、山下善也さんに、展示作品の裏話を聞いた。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

乗興舟(じょうきょうしゅう)

 大胆な作風で人気の高い江戸時代の日本画家、伊藤若冲。その若冲が京都伏見から大阪天満橋まで、淀川下りの風景を延々と描いた版画がこれだ。長さ11.6㍍もの大作で、桜の版木5枚の表裏に図案が彫られた。ただし現存するのは京都国立博物館の1枚だけだ。

「その版木は16年前に若冲の親類の家で見つかりました。一時期は縁側の床に使われていたらしいです」。九州国立博物館の主任研究員、山下善也さんから驚きのトリビアが。えっ、肉筆なら数千万円とも言われる若冲なのに? 国内外で10点ほどしか残っていない作品の版木なのに?

 しかもこの版画、中国から伝わった「石摺(いしずり)」という当時の最新技法が使われている。彫り上げた版木にぬれた和紙を張り、へこんだ部分に紙を押し込んで表から墨を塗る。鮮やかな黒を背景に、くっきり白く浮かぶ木々や家屋。まるで写真のネガフィルムのような味わいだ。

 そんな大事な版木をなぜ縁側に? 「不正に複製されないよう、版木を処分した作家は多いんです」。山下さんが京都弁で若冲のものまねを披露してくれた。「家を建てはるんですね。桜のいい版木を使いはったらどないです。どうせ捨てようと思うてましたし」

 縦30センチ、横1メートル。残り4枚の版木は、今も旧家の縁側で眠っているかも。

オークラコレクション 12月9日まで開催。
■会場:九州国立博物館(〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁7-2)
■休館日:毎週月曜日
■開館時間:
日曜日・火曜〜木曜日9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
金曜日・土曜日【夜間開館】9時30分〜20時00分(入館は19時30分まで)
■観覧料: 一 般 1,500円、高大生 1,000円、小中生 600円
■問い合わせ:NTTハローダイヤル=050(5542)8600

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5【ママ友にドン引き】我が家は無料託児所じゃない!毎日手…
    ファンファン福岡編集部