他県民は知らない?福岡の定番野菜「かつお菜」とは

特にお正月、福岡で「かつお菜」は定番野菜ですよね。
この記事の目次

福岡県民にとって、お正月のお雑煮「博多雑煮」に欠かせない具といえば?

深くて濃い緑の葉が彩りを与えてくれる野菜「かつお菜」ですよね。家庭によって少しずつ具材は違っていても、かつお菜は外せない定番ではないでしょうか。
福岡県民にとってはポピュラーですが、実はこの野菜、他県ではあまり知られていませんし、スーパーでも滅多にお目にかかれません。
特に九州外の人に聞いているみと、「かつお菜?魚のカツオ?」とたくさんのはてなマークが浮かんでしまいます。

どんな野菜?

かつお菜とは、高菜の親戚にあたるアブラナ科の葉野菜です。昔から福岡で盛んに育てられていましたが、小松菜やホウレン草への転作が進み、生産量は激減しました。
しかし近年では「京野菜」を代表格とした、伝統野菜栽培のブランド化や再興が全国的に進んでおり、かつお菜も見直されつつあるようです。

肝心のお味は…名前の由来にも

煮物や汁物にすると、カツオのだし汁がいらないほどに旨味と風味があり、名前もそうした意味から由来するといわれています。漢字で書くと「勝男菜」と書き、縁起がいいことから、正月料理に好まれるようになったのです。栄養面からみても、とても魅力的なんです。カルシウムを多く含み、カロテノイドやビタミンCも豊富です。
さらに、一般の葉菜類と比較して、高い抗酸化性をもっています。加熱処理しても、その抗酸化活性は低下しないんです。酸化というのは、体が活性酸素の影響で錆びていくことで、糖尿病・高血圧などの生活習慣病や、シミ・しわ・白髪などの老化が起こる原因だといわれています。つまり、抗酸化性をもつかつお菜は、老化対策や美肌づくりにうってつけの野菜なんです。

店頭に出回る時期は12~2月。お雑煮以外でも、鍋やお浸しなどにしてもおいしいですよ。旬の時期がやってきたら、ぜひ、お正月だけでなく普段の献立で活用してみてくださいね。

※掲載されている情報は、2020年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【マイナポイントとは?】子どものマイナンバーカード申請…
    Mochico2408
  2. 23才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4マスクで過ごす今こそ始める良いタイミング?歯科矯正につ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部