天神に九州グルメが大集結!【九州うまいもの大食堂】[10/6-10/8]

九州各地の自慢のグルメが天神に大集結! 「九州うまいもの大食堂」が10月7日(日)、8日(月・祝)、福岡市・天神中央公園で開催されます。このイベントだけのとっておきの企画メニューが登場するほか、人気グルメやスイーツ、地酒など60以上のブースが並びます。 ※台風の影響を懸念し、6日(土)は中止に。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

このイベントのために準備された特別メニューを堪能できるのが<郷土の味わいブース>。「鮎の塩焼」(熊本県人吉市・あゆや吉村)は、人吉市鬼木町の澄んだ川で育った天然アユならではの、豊かな香りと甘みで格別の味わいです。

「はもの蒲焼」(福岡県豊前市・うみてらす豊前)は、豊前海で水揚げされた低カロリーでヘルシーなハモを特製のたれで焼き上げています。

豊かな生鮮品で名高い福岡県糸島市からは「地エビと鰆の福ふく揚げ」(福ふくの里)がお目見え。地元の新たな名産品として力を入れる地エビを、旬のサワラと一緒にぜいたくにかき揚げにします。

昨年人気だったキノコのもぎ取り体験「天神できのこ狩り」(福岡県大木町)も再登場です。

さらに<食べ歩きブース>では、各県から味自慢の53店舗が出店。「日田焼きそば」(大分県日田市・萬天楼)、「九十九島蒸し牡蠣」(長崎県佐世保市・マルモ水産)、「うにコロッケプレミアム」(熊本市・天草海まる)、「揚げたて薩摩あげ、薩摩いも天」(鹿児島県指宿市・カワノすり身店)…と海の幸、山の恵みが連なります。ここではとても紹介しきれないので、ぜひ会場をくまなく歩いて確認を。
今回、会場では「九州うまいもの大食丼を作ろう!」と呼び掛けるとか。佐賀県産の新米白ごはんを購入して、各ブースでトッピング用に好きなおかずをチョイスし、オリジナル丼を完成させましょう(どうりで今回、かき揚げや蒲焼などご飯にぴったりなメニューが多いわけです)。複数のおかずを組み合わせるなど、自分だけのわがまま丼を目指してくださいね。

実施内容については9月26日、福岡商工会議所で記者発表されました。写真左からFood EXPO Kyushu実行委員長の川原正孝さん、福岡商工会議所会頭の藤永憲一さん、福岡商工会議所専務理事の境正義さん。発表の中では10月3日(水)、4日(木)に開催される「国内外食品商談会」についても説明がありました。フードビジネスに携わる方におすすめのイベントです。詳細は下記ホームページから。

九州うまいもの大食堂
日時:10月7日(日)12:00~20:00、10月8日(月・祝) 10:00~17:00
※台風の影響を懸念し、6日(土)開催は中止(10/4時点)
場所:天神中央公園(福岡市中央区天神1-1)
主催:Food EXPO Kyushu実行委員会
問い合わせ:Food EXPO Kyushu実行委員会事務局
電話:092-441-1119

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1移住希望地ランキングで佐賀県8位!【さが移住サポートデ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部