福岡空港の待合室などが充実。国内線ビル南側リニューアル

福岡空港ビルディングは28日、全面改装中の福岡空港国内線ターミナルビルの南側部分を29日に供用開始するのに先立ち、報道関係者向け内覧会を開いた。

今回供用開始するのは、1階の到着ロビーと手荷物受取所、2階の搭乗待合室、3階の到着コンコースの計約5800平方メートル。搭乗待合室には土産店やキッズスペースのほか、スマートフォンやパソコンの充電や作業ができるよう76個のコンセントを設置。座席の仕切りや壁面には、ビル内商業施設のコンセプト「公園」に合わせ、植物の絵や人工観葉植物を配置した。

これまでは到着便の乗客の一部が2階の搭乗待合室を通って1階の到着ロビーに移動していたが、今後は飛行機を降りた客は搭乗待合室を通らず、3階の到着コンコースから直接1階に下りる動線になるため、乗降客が完全に混在しなくなるという。
国内線ターミナルビルの総事業費は約400億円。2019年春には、福岡市営地下鉄の改札口から各階へ直接移動できる吹き抜けのホールが完成する予定。工事は20年1月に完了する見通し。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1きょうはなに朝気分⁉️ 「わたしらしい朝」を博多阪急で…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2【週末の福岡イベント情報】2月15日(土)~16日(日)
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  5. 5【今なら¥5,000で行ける!】長崎・壱岐内海湾の一泊…
    aumo