福岡空港の待合室などが充実。国内線ビル南側リニューアル

福岡空港ビルディングは28日、全面改装中の福岡空港国内線ターミナルビルの南側部分を29日に供用開始するのに先立ち、報道関係者向け内覧会を開いた。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

今回供用開始するのは、1階の到着ロビーと手荷物受取所、2階の搭乗待合室、3階の到着コンコースの計約5800平方メートル。搭乗待合室には土産店やキッズスペースのほか、スマートフォンやパソコンの充電や作業ができるよう76個のコンセントを設置。座席の仕切りや壁面には、ビル内商業施設のコンセプト「公園」に合わせ、植物の絵や人工観葉植物を配置した。

これまでは到着便の乗客の一部が2階の搭乗待合室を通って1階の到着ロビーに移動していたが、今後は飛行機を降りた客は搭乗待合室を通らず、3階の到着コンコースから直接1階に下りる動線になるため、乗降客が完全に混在しなくなるという。
国内線ターミナルビルの総事業費は約400億円。2019年春には、福岡市営地下鉄の改札口から各階へ直接移動できる吹き抜けのホールが完成する予定。工事は20年1月に完了する見通し。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  3. 3祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  4. 4なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎