扇子の舞に魅せられる 第55回津久見扇子踊り大会

津久見扇子踊り大会は、今から約450年前、戦国時代に戦没した勇士や農民の供養の願いをこめて、京舞いの流れを組む扇子踊りを大友宗麟が創設したと伝えられています。8月25日に開催される津久見扇子踊り大会へでかけてみませんか?
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

津久見扇子踊り大会は、今から約450年前、戦国時代に戦没した勇士や農民の供養の願いをこめて、京舞いの流れを組む扇子踊りを大友宗麟が創設したと伝えられています。8月25日に開催される津久見扇子踊り大会へでかけてみませんか?
この踊りは、豪弓を引き絞る勇者のおもむき、乱戦の最中、古式ゆかしくもたしなみ装う『合せ鏡』の姿、果ては「エイエイオー」の勝利の声、さながら当時をしのぶ武士の心を今見るように感じられます。
優雅・豊麗・哀歓をこめた扇子の流れも美しい舞姿は津久見市を代表する郷土芸能として今日まで引き継がれています。平成24年には、大分県の無形民俗文化財に指定されました。
津久見市から認定された「扇子踊り娘」をはじめ、津久見市内の大人から子ども会まで約800人が扇子の舞を披露します。

日 時  平成30年8月25日(土)
     19:00~ 津久見樫の実少年少女合唱団
     19:30~ 扇子踊り大会 
     (雨天時は翌日に順延)※当日17:00までに決定します
場 所  つくみん公園
出演予定団体  市内の企業、女性団体、子ども会など約30団体(約800名)
踊 り  扇子踊り・三勝・津久見音頭
はやし  津久見扇子踊り保存会
津久見市観光協会主 催  津久見市・津久見市観光協会
共 催  大分合同新聞社 
協 賛  津久見扇子踊り保存会、津久見市区長会、津久見商工会議所、津久見市地域女性団体連合会、津久見市子ども会育成連絡協議会

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  3. 3祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その肆(よん)「川が呼ぶ」
    チョコ太郎