ママ友界の秋元康!?こんなママにご注意を!

 ちょうど一年前の春、娘(当時4歳)が、幼稚園の年中に進級し、新たなクラスで、そのママに出会ったのです…。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 娘が通う幼稚園では、毎年クラス替えがあり、始業式の日に新しいクラスの先生と同級生が発表されます。昨年の始業式、娘と手をつなぎ幼稚園の正門をくぐると、新しいクラス分けの名簿を持った親子達で賑わっていました。もちろん子供が主役の幼稚園ですが、ママにとっても「新しいクラスで、ママ達と上手くやっていけるかな」と緊張するもの。名簿を手に保育室へ移動すると、顔見知りのママは1/3ほど。残る2/3のママ達の中に、そのママはいたのです。彼女は、始業式の日から異彩を放っていました。

 入園式と違い、進級するだけの始業式。ママ達の服装はラフな格好が定番で、保育室に集まったママ達もカジュアルな服装ばかりです。ところが彼女だけは、真っ白なシャネルのセットアップに華やかな夜会巻きで、みんなの視線を集めています。そしてその服装が表す通り、彼女は目立つのが大好きで、いつでも話題の中心にいたいタイプの人でした。

「クラスのママ達で、LINEのグループを作りましょう」

 始業式が終わった途端、彼女は周囲のママ達に声をかけ、LINEグループを作りました。


「さっそく来週ママ達の親睦会をやりましょう。私が幹事を引き受けるわね」

 娘の通う幼稚園では、ママ達の親睦会や茶話会が定期的に開かれるのですが、いつもランチの予算1000円ほどのお店を利用しています。ところが、彼女が主催した親睦会のランチは会費3000円也。その時は、新学期の顔合わせを兼ねているから、ちょっと奮発しても良いかと、クラスのほとんどのママ達が参加しました。
 親睦会でも、話題の中心はもちろん彼女です。出産前は、イベントプロモーターで、フェスや音楽イベントをプロデュースしていたこと。今は仕事をセーブして、我が子のためにイベントを企画して、色んな経験をさせてあげたいこと。親睦会は、まるで彼女の独演会になっていました。

 その言葉の通り、彼女は、行事のたびにイベントを企画するようになったのです。七夕や、秋祭り、ハロウィン、クリスマス会…。彼女が主催するイベントは、二ヵ月に一度の頻度で催されました。子供達が食べるお菓子や、ゲームの景品、遊び道具も準備するので、イベントのたびに、1000円~3000円の会費がかかります。
 「イベントの頻度が高くて、若干迷惑だけれど、彼女も準備で忙しいだろうし…有り難いと思わないと」
そう考えていたのですが、実はこれには裏があったのです…。

iStock.com/KEN226

イベントを企画するのは彼女ですが、実際に準備するのは、同じクラスのAさんというママだったのです。Aさんは、ほがらかで人の良さそうな方でした。

 彼女は、Aさんを部下のように扱い、「これを買ってきて!会場は、この店を抑えられるか聞いて。当日は、こんな風に進行して」と指示するだけ。Aさんは、その通りに準備していたそうです。けれど当日は、彼女が前面に出てくるので、Aさんが裏方に徹して準備をしていたことに、ほとんどのママは気づいていませんでした。
 
 こうして一年間が過ぎ、三学期の最後にお別れ会を開くことになりました。張り切った彼女が、「ここでやりましょう!」と見つけてきたのが、会員制の屋内キッズプレイスペース。なんと会費は、1万円超えでした。
 その頃には、実際に準備しているのがAさんだと、周囲のママ達も気づき始めたのでしょう。イベントを主催する彼女ではなく、Aさんに直接「会費が高すぎる!別の場所で」とリクエストするママ達が、後を絶たなかったのです。そこで、Aさんは別の遊び場をリストアップして、彼女にお伺いをたてることに…。すると、まさかの展開になったのです。

 「なぜ勝手なことをするの?私の提案通りに動けないなら、降りてもらってもいいのよ?プロデューサーは、私なんだから!」

 激怒する彼女を前に、Aさんは「単なるママ友と子供の集まりなのに、プロデュース?!秋元康かよ!」と思わず吹き出してしまったそう。神妙な顔をしようと努力しましたが、上司でもない、恩師でもない、単なるママ友に叱られている状況が、可笑しくなってきて、笑いが止まらず、さらに彼女の怒りを増幅させることに。お別れ会を目前に、彼女とAさんの関係は、ジ・エンドになってしまいました。
 この春、また幼稚園ではクラス替えがあり、Aさんも筆者も、彼女とは別のクラスになったのですが、彼女の噂はよく耳に届きます。
 「また秋元P(彼女のあだ名)が、暴走してるよ〜。有名懐石の高額弁当をお取り寄せして◯◯だって!」

 彼女の下働きを脱したAさんが、クスクスッと笑いながら、話していました。

あわせて読む
「盛りすぎでしょ!」ママ友のキラキラインスタにイラっとしたら…
あわせて読む
【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン引き!
※掲載されている情報は、2020年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  4. 4感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒し…
    ファンファン福岡編集部
  5. 53歳の息子に胎内記憶を聞いたらビックリ!生前記憶を語り…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • ママ友界の秋元康!?こんなママにご注意を!