戦隊モノ批判のママ友。我が子が暴力的なのに気づいてない?

男児ママになって、初めて足を踏み入れた世界、それは戦隊モノです。仮面ライダーやウルトラマン、戦隊ヒーロー等、小さな男の子を魅了する、格好良いヒーロー達。最近は、イケメン若手俳優の登竜門でもあるため、ママにとっては目の保養です。そんな親子で楽しめる戦隊モノに、水を差す人物がいました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
iStock.com/Vesnaandjic

皆さんのご家庭では、お子さんの見るテレビ番組について、ルールはありますか?
筆者のまわりでは、家庭によって千差万別。我が家は、子供が興味を持った番組なら、なんでも視聴OKで、テレビの視聴時間も、特に決めていません。一方で、NHK教育テレビしか見せない、1日に見られるのは1番組(30分アニメ)だけ、そもそもテレビがない。そんなルールの家庭もあります。
こうしたルールの違いは、テレビに限られたことではありません。携帯電話をいつ持たせるのか。ゲームはいつ解禁するのか。お小遣いは何歳からあげるのか。それは親御さんが、我が子のことを考えて決めるルールなので、お互い口出しすることではないと思うのです。
ところが、よその家庭のテレビルールに文句をつける、困ったママがいたのです。
それは、ママ友との何気ないおしゃべりの最中。「最近の戦隊ヒーローは、格好良い!本物の俳優さんが出てくる、ヒーローショーに行ったら、あまりの格好良さに、ぽぉっとなってしまって、隣にいる子供と旦那の存在を忘れてしまった(笑)」そんな笑い話で盛り上がっていると、突然、4歳の活発男児がいるAさんが、口を出してきたのです。
「うちは戦隊モノの番組は、見せないの。敵だからって、暴力で解決するなんて、子供の教育上アウトでしょ?将来、喧嘩ばかりするような、暴力的な人になったら困るもの」
仮面ライダー沼にどっぷりはまり、戦隊ヒーローもこよなく愛す3歳の息子を子育て中の筆者は、「まぁそういう考えもあるよね…」と苦笑いしながら、彼女の持論を聞いていました。先ほどまで、一緒に盛り上がっていたママ達も、お子さんが戦隊モノを大好きで、おもちゃを買ったり、イベントに連れて行ったりするうちに、「戦隊モノの番組って、結構面白いよね」と詳しくなっていった人達ばかり。
彼女の持論でいくと、戦隊モノが好きな男児が集まると、暴力的な遊びしかしない!と言われているようなものですが、実際は…。

iStock.com/Rawpixel

戦隊モノが好きな男児同士、おもちゃを交換したり、格好良い変身ポーズをしたりと、それは仲良く遊んでいます。
幼稚園内では、戦いごっこが争いの元だと、禁止されているので、直接組み合うことはありません。お互い変身ポーズをとり、ちょっと離れた場所から技をかけあう真似だけしているので、端から見ると、みんなで太極拳をしているようで、笑ってしまいます。
幼稚園外で戦いごっこをする時も、剣で叩いたり、手を出したりすることはありません。じゃれあいながらも、危なくないように力の加減をして、戦うふりをしているだけ。ママ達も目を光らせているので、万が一、戦いごっこが本気モードになったら、すぐに「そろそろ止めようか」と仲裁に入ります。そのため、これまで暴力を一方的に受けて泣いたり、怪我したり…といったトラブルとは無縁でした。

ところが件のAさんのお子さんは、戦隊モノの番組を見ていないはずなのに…酷く暴力的なのです。ゆるやかな太極拳風の、平和な戦いごっこに乱入して、急に殴りかかったり、顔を叩こうとしたり、噛みついたり…と、力加減が全く分からない様子。
さらに戦隊モノのおもちゃを禁止されているせいか、友人のおもちゃを取り上げたら最後、帰るまで身につけて離しません。お互い交換するのであれば、楽しく遊べる子供達も、一方的におもちゃを取られて、泣きだしてしまうことも。さらに酷いことに、戦隊モノのカードやフィギュアなど、小さなおもちゃを、こっそりと持ち帰ってしまうのです。
こうした我が子のふるまいを、Aさんはどう思っているのでしょうか。力加減が分からない遊び方については、「戦隊モノが好きな子の方から、手を出してきたんでしょう?うちは自己防衛だ」と言い張ります。
おもちゃを持ち帰ってしまったことについては、「うちの子は、戦隊モノが好きな子からプレゼントされたのだと言っている。むしろ我が家は、戦隊モノに触れさせたくないのだから、みんなで集まる場所に、持ってこないで欲しい!」と、まさかの逆ギレ!?
正直、戦隊モノを批判して、子供から遠ざけるのではなく、もっと上手に取り入れてくれたらよいのに…。周囲のママ達は、Aさん親子に対して、「なんだかな…」とお手上げ状態なのでした。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒し…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 戦隊モノ批判のママ友。我が子が暴力的なのに気づ…