福岡空港初の自動手荷物預け機、ANAに登場!

福岡空港国内線ターミナルの全日本空輸(ANA)のカウンターが28日リニューアルし、自動手荷物預け機6台が登場しました。自動チェックイン機は2台から8台に増設。これまで有人カウンターで対応していたスタッフは補助が必要な人への対応などに当たるといい、混雑緩和や利便性向上が期待されます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

自動手荷物預け機の導入は他社のカウンターも含めて福岡空港で初めて。ANAとしては羽田、新千歳に次ぎ福岡空港が3番目です。手荷物1個の場合、従来の有人カウンターで2分ほどかかっていた手荷物の処理時間が、1分程度に短縮されるといいます。
乗客は機械に手荷物を置き、チケットをかざして画面上で危険物の有無などを選択。発行されたタグを手荷物に付けて扉を閉めると、手荷物の控え券が出てくる仕組みです。英語と中国語(繁体・簡体)、韓国語にも対応しています。

今回のリニューアルでは、カウンター全体のデザインも改良されました。言葉が分からない人にも分かりやすいよう、図記号を配置し文字が大きくなっています。

ANAの福岡空港国内線の出発カウンターは1日平均約1万人が利用しているといい、村部由佳夫福岡空港支店長はリニューアル式典で「これから夏休みで、ビジネス客や家族連れなど多くの人が訪れる中、混雑緩和に役立てると思う」とあいさつしました。
福岡空港は2019年春の完成に向けてリニューアル中です。完成後は地下鉄から上がってすぐに、ANAの車いすの人などサポートが必要な人のカウンター、自動チェックイン機、自動荷物預け機などにたどり着けるようになるそうです。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【夫の実家でドン引き】産後の私を襲った驚愕の習慣!
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部