父の還暦祝いのはずが本末転倒!?自己中な旦那に唖然

皆さんは、ゴールデンウィークに、お出かけされましたか?あちらの家族は、できた奥さんが、孫が大好きな義親と実親を誘って、親孝行旅行を計画しているようですよ。楽しく旅行の相談をしていたのが一変、旦那さんの一言に、サッと顔色が変わった奥さん。さぁ、なにが起きたのでしょう。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。
iStock.com/Image Source

友人は、思いやりのある優しい性格で、筆者とは20年近いお付き合いになります。「旦那を懲らしめた!」「姑にガツンと言ってやった!」と、旦那を尻に敷き、義実家を上手くコントロールしている強い奥さん達から、筆者は、話を聞くことが多いのですが、彼女だけはいつもおっとりとして、旦那や義親への愚痴を漏らすことはありません。
彼女は、結婚・出産後も仕事を続け、正社員でしっかり働き、育児や家事も、多忙な旦那には頼らずに、ほとんど彼女がひとりで行っています。もしも、筆者が同じ立場なら、旦那にも、義親にも、「私が全部やっている!もっと良い嫁と讃えなさい!」とドヤ顔をしそうですが、控えめな友人はそんな愚かな行動はしません。
なにかトラブルがあったとしても、「義親は良い人だから・・・」「旦那が言うことに、ちょっと納得はできないけれど、旦那の意見を尊重するわ」と、旦那や義親をたてているのです。
筆者には、息子がいるので、「息子がこんなお嫁さんを連れてきたら、大賛成だわ!」と調子の良いことを思っていました。(まだ息子は3歳なので、遠い遠い将来の話ですが)
そんな彼女が珍しく憤慨していたのです。なにが起きたのでしょう。
それは、春先に家族旅行の計画をたてている時のことでした。ちょうど彼女の父親が、還暦を迎えるため、還暦祝いを兼ねて、彼女の実親を旅行に招待することになりました。せっかくのお祝いですから、旅行費用は、彼女と旦那が負担することに。
すると旦那がこんな提案をしました。

iStock.com/TAGSTOCK1

「せっかくだから、うちの親も呼ぼう」正直、義親はとっくに還暦を過ぎていますし、数年前に還暦祝いも盛大にやっています。けれど、彼女は、その提案を受け入れました。
そして、3家族が楽しめる旅行先を探すことになったのです。当初は、土日の週末で旅行をする予定でしたが、旦那が休みを取ることができず、3家族の都合が合うのは、ゴールデンウィークしかありません。
ご存じの通り、大型連休中、どの温泉宿やリゾートホテルも、大幅に料金が跳ね上がります。あっという間に予算オーバーです。すると、旦那があり得ない提案をしてきたのです。
「あなたの親は、また今度でもいいんじゃない?まだまだ死ないくらい元気じゃない。うちの親は結構いい年だからさ。今回を逃すといつ孫と旅行できるか分からない」
両親を招いた親孝行旅行を思いつき、旅行先を見つけ、計画をたてたのは、彼女です。旦那は、ただ「いいんじゃない?」と頷き、「うちの親も呼ぼう」と余計な提案をしてきただけです。

普段、心優しい彼女も、あまりの言葉に唖然として、こんな風に返したそうです。
「え?あなたは、寿命が分かるの?それとも、あなたの親はもうすぐ死ぬの?冗談言わないで」
彼女の温情で、旦那の馬鹿な提案は無視され、親孝行旅行は決行されました。けれど、こっそり筆者に漏らしてくれた彼女の心情は、旦那は留守番、義親は誘わず、実親と自分、孫の水入らずで旅行したかったと思っているそうです。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1移住希望地ランキングで佐賀県8位!【さが移住サポートデ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「おまえに同居を断る資格ないから」義親との同居を強要す…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4九州から世界に向けて“今年の桜”を発信!「いまできるこ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 父の還暦祝いのはずが本末転倒!?自己中な旦那に…