美術展なのに、超インスタ映えの印象派展・前編<九州国立博物館>

皆さんのInstagramを、あの可愛い「イレーヌ嬢」でいっぱいにしてみませんか? 東京で40万近くの人を魅了した展覧会「至上の印象派展 ビュールレコレクション」が九州国立博物館(太宰府市)で絶賛開催中!誰でも聞いたことがある超有名な〝作家さん〟ルノワール、モネの絵はなんと、美術展では異例の「写真撮影OK」で、すっかり話題となっています。 早速、Instagramで至上の印象派展の「インスタ映えスポット」を検索、みなさんの投稿をチェックしてみました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

巨匠ルノワールの「最高傑作」として有名な≪イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)≫

「西洋画史上最もきれいな少女」と評価されたこの作品は、ルノワールの子ども肖像画の代表作です。本物を見ないと伝わらない透明感のある肌色や髪の流れで「ぜひ間近で見てほしい!」という声もあります。

最高傑作とも言われるこの作品…。もちろん、写真撮影OKです!

皆さんも、熱心にシャッターを押してますね~。Instagramでみなさんの投稿を拝見したら、それぞれ絵の色合い、雰囲気が違って、いろんなイレーヌの表情が見られます。
「イレーヌちゃんの髪飾りは魚っぽくないですか?」という面白いコメントも見つけちゃいました(笑)。
 
門外不出のクロード・モネ≪睡蓮の池、緑の反映≫
近代美術の精華とも言えるモネの睡蓮ですが、今回展示されるのは横幅4メートルを超える作品「睡蓮の池、緑の反映」です。この作品はスイスから一度も出たことがなくて、日本初公開です!

植物の様々な色彩を映し出し、表情を変える水面を見事に表現した作品。大きなサイズと豊かな色彩に迫力を感じるのですが、見れば見るほど心が静まります。この作品も撮影可能なので、いろいろな角度から撮影している人が多いです。Instagramで見ると、角度によっていろんな絵の表情が楽しめます。皆さんもぜひ「違う睡蓮」を感じながら、撮ってみてください。

実は、印象派展の作品以外にも、人気の撮影スポットがあるんですよ。 続きは後編へ!

<九州国立博物館 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション>
■会場:九州国立博物館(太宰府天満宮横)
■開催期間:2018年7月16日(月・祝)まで好評開催中
■休館日:6月4日(月)、6月18日(月)、7月2日(月)
■開館時間
・9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
・金曜日・土曜日【夜間開館】9時30分〜20時00分(入館は19時30分まで)
■料金
一般 1,600円(1,400円)、高大生 900円(700円)、小中生 500円(300円) 
※( )内は夜間割引および団体料金。

問い合わせはNTTハローダイヤル=050-5542-8600

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1義実家に同居…妻の苦労は伝わらず?自己中な旦那をギャフ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子作りを邪魔しているのは姑?!舅姑との同室温泉旅行は、…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【姑にドン引き】近居願望の強い姑が見つけてきた物件は、…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「コンビニワープ」を絶滅せよ!痛ましい幼子の死亡事故発…
    久留仁譲二