福岡も!九州も!ゴールデンウィークのお出かけスポットをご紹介!

ゴールデンウィークはどこへ行きますか?近場から県外まで、 注目のスポットをご紹介!今だけの見どころを家族みんなで楽しみましょう♪
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

福岡

毎年人気のイベントを今年も開催!夜にだけ見せる魅惑的な表情!生き物たちの裏側を見よう!
《夜のすいぞくかん》 ◎期間/4月28日(土)〜5月6日(日)

9日間限定で今年も「夜のすいぞくかん」がオープン。薄暗い館内でいつもとは違う姿の生きものたちを見ることができます。「夜のイルカショー」では博多湾の夜景をバックにイルカたちが大ジャンプ!世界遺産に登録された沖ノ島の歴史や魚の紹介は6月10日(日)まで。

マリンワールド 海の中道
福岡市東区西戸崎18-28
TEL/092-603-0400
営業時間/9:30~17:30 ※4月28日(土)~5月6日(日)は9:30~21:30 ※ショーや食事タイムのスケジュールは曜日により異なる。 ホームページで要確認。
定休日/なし
料金/一般2300円、中学生1200円、 小学生1000円、4歳以上600円、満65歳以上1840円


旬の野菜や果物をゲットしよう!クイズに抽選会とイベント盛りだくさん!
《ベジフル感謝祭》 ◎期間/4月21日(土)、5月19日(土)

季節の青果物の販売や試食、豪華賞品が当たる抽選会が開催されます。「こどもスタンプラリー」など子ども向けの企画も充実。季節の野菜をテーマにした料理教室も開催され、市場会館内の常設店舗や飲食店もにぎわいます。

ベジフルスタジアム(福岡市中央卸売市場青果市場)
福岡市東区みなと香椎3-1-1
TEL/092-683-5323
期間/ベジフル感謝祭(第3土9:00~12:00) ※料理教室は有料・要事前申込


日本初公開の作品が登場!レオナルドの壁画の謎に迫る
《レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展》 ◎期間/開催中〜6月3日(日)

レオナルド・ダ・ヴィンチの未完の壁画計画「アンギアーリの戦い」に関する作品や資料が集結。メイン作品「軍旗争奪」の戦闘場面を描いた油彩画は日本初公開です。イタリアの芸術家ミケランジェロの下絵をもとに描かれた作品も出品され、本邦初公開の二大巨匠の壁画が並びます。

福岡市博物館
福岡市早良区百道浜3-1-1
TEL/092-845-5011
期間/開催中〜6月3日(日) 9:30〜17:30(最終入場17:00)
定休日/月(祝日の場合は翌火)
料金/一般1300円、高大生900円、小中生500円


あれもこれも見たい!アートはお得に入れる!この時期に!
《福岡ミュージアムウィーク2018》 ◎期間/5月12日(土)〜5月20日(日)

ミュージアムウィークって何?
福岡市内のミュージアムをお得に楽しむ9日間。入館料の割引、またはプレゼントなどの特典が受けられます。今年は19施設が参加しワークショップやスタンプラリーも開催。福岡市博物館や福岡アジア美術館ではミュージアムの裏側を案内するバックヤードツアーも。


注目のポイント!
その1/福岡市美術館がリニューアル中

福岡市美術館は現在改装中で、2019年3月にリニューアルオープン。今回は、街歩きアートツアーなどが開催されます。


その2/「アートカフェ」がアジ美にオープン

福岡アジア美術館の7階にあるラウンジが「アートカフェ」としてリニューアル。店内にはアジアやアートに関する約1万冊の書籍が並びます。

詳しい情報はホームページをチェック⇒http://f-museum.city.fukuoka.lg.jp/

福岡市博物館、 福岡アジア美術館、福岡県立美術館、 福岡市動植物園など全19カ所
TEL/092-711-4665(福岡ミュージアム連絡会議事務局)
期間/5月12日(土)~5月20日(日)
料金/各施設によって異なる
定休日/各施設によって異なる


水槽を鮮やかなアートで飾る☆5感で楽しむ展覧会
《アートアクアリウム展 2018 〜博多・金魚の祭〜 &ナイトアクアリウム》 ◎期間/開催中〜5月16日(水)

2回のイベントで約50万人を動員したアートアクアリウム展がJR博多シティに再登場。目玉は福岡初登場の3000匹の金魚が泳ぐ「超・花魁」。夜は「金魚カクテル」などのドリンクを飲みながら金魚を鑑賞できる「ナイトアクアリウム」も開催されます。

福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9階 JR九州ホール
TEL/092-714-0159(キョードー西日本内)
期間/開催中~5月16日(水)10:00~21:00(最終入場 20:30)、金・土・祝前日10:00~22:00(最終入場 21:30)、ナイトアクアリウム18:00~上記各曜日に準ずる
料金/一般1000円、小中学生600円、小学生未満無料(保護者要同伴、大人1人につき2人まで)
定休日/なし


花いっぱいのピクニックでフォトジェニックな一枚を
《海の中道 フラワーピクニック》 ◎期間/開催中〜5月6日(日)

今年のコンセプトは「うみなかのフォトジェニックをめぐろう」。花の丘エリアには約150万本のネモフィラが咲き誇ります。4月14日(土)・15日(日)は、ロハスピクニックを同時開催。おしゃれでかわいい手づくり雑貨など30のブースが出展。

海の中道海浜公園 ★4月15日(日)は無料入園日
福岡市東区西戸崎18-25
TEL/092-603-1111
期間/開催中~5月6日(日)9:30~17:30
料金/大人450円、65歳以上210円、 中学生以下無料
定休日/なし


佐賀

維新のかぎを握った佐賀の歴史の1ページを体感せよ
《肥前さが 幕末維新博覧会 》 ◎期間/開催中~ 2019年1月14日(月・祝)

幕末維新期の佐賀の歴史や食、文化、アートを楽しめる博覧会。佐賀市城内エリアを中心に県内全域で開催されます。メイン会場「幕末維新記念館」では、最新のデジタル技術などにより、藩主鍋島直正や彼の下で、その才能を見いだされた大隈重信や江藤新平などの雄姿を間近に感じることができます。

佐賀県佐賀市城内他県内全域
TEL/0952-25-7504(肥前さが幕末維新博推進協議会)
期間/開催中~ 2019年1月14日(月・祝)
料金/各施設によって異なる
定休日/各施設によって異なる


長崎

「島原の乱」舞台の地でキリシタン史がまるわかり!
《南島原市有馬キリシタン遺産記念館》

今年の世界遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産のひとつ「原城跡」は、「島原・天草一揆(島原の乱)」の舞台。その地に建てられたガイダンス施設「有馬キリシタン遺産記念館」で、キリスト教の繁栄から弾圧の歴史を深く学べます。

南島原市南有馬町乙1395
TEL/0957-85-3217
営業時間/9:00〜18:00
定休日/木
料金/一般300円、高校生200円、 小・中学生150円 団体割引等あり


熊本

美人の湯にエステに旬の食材!贅沢フルコースで癒されて!
《平山温泉「湯の蔵」 スパエステ【Enak(エナ)】》

アロママッサージやヘッドスパが人気の女性専用エステサロン&スパ。エステに温泉&岩盤浴と旬の食材を使った食事処「わらじ」の「レディース御膳」がセットになった「ご褒美プラン」は平日10人限定です。ひとり旅のリフレッシュや家族へのプレゼントにぴったり♪

山鹿市平山5255-2
TEL/0968-43-8415
営業時間/11:00〜22:00(最終受付21:00、岩盤浴は20:30)
定休日/第2火
料金/ご褒美プラン エステ45分コース7020円、エステ60分コース8320円、エステ90分コース1万1800円


鹿児島

西郷どんが着ていたシャツを試着!?ゆかりの地で歴史に思いをはせる
《いぶすき西郷どん館》 ◎期間/開催中~2019年1月14日(月・祝)

ドラマ好き・歴史好きどちらも楽しめるテーマ館。NHK大河ドラマ『西郷どん』の撮影で使用された衣装や小道具などがあります。西郷隆盛が実際に着ていたシャツのレプリカを試着して、体の大きさを体感しましょう! 特別企画展では直筆の書や篤姫の愛用品が展示されています。

指宿市十二町2290
期間/開催中~2019年1月14日(月・祝)
TEL/0993-23-3153
営業時間/ 9:00~17:00(最終入館16:30)
定休日/なし
料金/一般500円、小・中学生300円 団体・家族割あり

※情報は2018.4.12時点のものです

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1福岡市内のコロナウイルスによる休業&営業時間情報まとめ2
    ファンファン福岡編集部
  2. 2福岡市内のコロナウイルスによる臨時休業情報をまとめました
    ファンファン福岡編集部
  3. 3大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「テイクアウトFukuoka」で福岡市の飲食店を応援し…
    ファンファン福岡編集部