高速バスで行く、長崎県・島原レトロ旅!

知らない九州を知るために、旅に出ましょう!九州各地に便があって、リーズナブルな高速バスは、まさに旅の味方です♪ 今回は、長崎県・島原へ出かけました!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

高速バスは「@バスで」のサイトで、簡単予約&決済できます。スマホで座席も予約できて、バスターミナルは天神のど真ん中にあるからとっても便利です。バスに乗り込む時に、乗務員さんに「WEB乗車券」を見せるだけ!

高速バスは価格がリーズナブルだから、いろんなところに旅に出かけられるのがうれしい!バスの中では、島原での予定など話しながら過ごしました。


そして、島原へ到着!
島原名物「具雑煮」を食べに、「みずなし本陣ふかえ」へ。

名産のアナゴがドーンと入っている具雑煮は、天草四郎が籠城した時に、海や山のものをなんでも入れて栄養をとったことに由来しているそうで、本当に具だくさんでした!

島原そうめんをダシにくぐらせて食べるのも、おいしかったです。
実はここには、1991年の雲仙普賢岳の火砕流で被害にあった家が、そのまま残されています。

ほぼ屋根まで埋まってしまった家を目の前に、思わず言葉を失います。

いまでは当時の溶岩ドームの跡は、大きく姿を変え「平成新山」と呼ばれています。
あまり木が生えてないのは、噴火の名残なのでしょうか…?
 
江戸時代、島原藩の城下町として栄えたエリアは、いまでも町並みに日本情緒を残しています。「鯉の泳ぐまち」として、美しい湧き水も保存されています。

ハートの石を見つけました。恋愛運あがるんだそうです♪
古民家のひとつで、島原名物スイーツ、かんざらし作りの体験ができると聞いて行ってみました!

かんざらし、というのは、寒風にさらして作った白玉粉のこと。団子にして、はちみつと砂糖でつくったシロップと一緒に食べます。

スタッフが丁寧に教えてくれますので、作り方が分からなくても大丈夫です。水を加えて、コネコネ…無心で作ってました(笑)水加減が肝心なんだそうです。
丸め終えた団子は、お湯で茹でて、水でキリリと冷やして、シロップへ!

甘くておいしかったです♪自分で簡単に作れるんですね!
記念に「かんざらし名人認定証」と手ぬぐいをいただきました!

旅で手作りの体験ができると心に残りますね。
 
続いて島原城へ。

天守閣からの眺めもよく、島原藩やキリシタンの歴史なども知ることができますが、なんといっても楽しいのが、「島原城七万石武将隊」のおもてなし!

無料で甲冑を着ることもできます!テンション上がって楽しかったです!
 
最後に、島原城の近くの、大正時代に建てられた洋風建築の理髪店を、保存して使っている、喫茶店「青い理髪館工房モモ」へ行ってみました。

お店の中は、当時の面影を残したノスタルジックな雰囲気たっぷり! 体に優しいものを心がけて作られる、ケーキとお茶を頂きました。

実はこの喫茶店含め、あたり一帯には、登録有形文化財がたくさん残されています。

建築巡りをするのもオススメです。
 

一日満喫して、福岡へ。
日帰りでも十分満足できると思います。ぜひ遊びに行ってみてください!

 

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1移住希望地ランキングで佐賀県8位!【さが移住サポートデ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部