車のお祓いは宗像大社。せっかち福岡っ子に愛される神様

福岡の車=宗像大社のステッカー、ですよね!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

「車を買ったら、まずは宗像大社へ!」
福岡ではこんな文化が根付いています。
福岡で走っている車を見ると、やたら宗像大社(宗像市)のステッカーを見かけます。皆さんの車やご実家の車にも付けてませんか?
 
「交通安全のお守り」生みの親
宗像大社といえば、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として世界遺産への登録で注目を浴びていますが、福岡では交通安全の神様として名高いですよね。
なんと、自動車専用の交通安全のお守りを全国で先駆けて生み出したのは、宗像大社なのです。昭和38年に誕生し、今も当時と変わらぬデザインで授けられています。
約800台止まれる広ーい駐車場には、お祓い専用の停車場所と祈願殿があるんですよ。車のお祓いや交通安全を祈願する参拝客でにぎわっています。
 
古代、宗像大社は、朝鮮や大陸と日本をつなぐ海上交通の要衝地でした。大和朝廷や遣唐使らが、航路の安全を祈っていたそうです。
その歴史は深く、日本書紀(645年)には、祀られている宗像三女神が「道主貴(みちぬしのむち)」と記されています。
さらに、二千数百年前の人が交通安全を願った石製の人形(ひとがた)、馬形、船形が国宝として今に伝わります。
ご利益ありそう感たっぷりな歴史的な説得力があります。「道」の交通安全の神様として、いにしえから敬われてきたんですね。
 
ハンドル握るその手にも安全の心を
このように交通安全祈願への思いが強いはずなのに、「福岡では車の運転に気をつけて」と言われてしまうイメージがつきまといます。
せっかちな性格な人が多いせいかもしれませんね。
せっかくお守りやステッカーで交通安全の神様を乗せた車。ハンドルを握るその心にも、余裕と思いやりを乗せて走りたいですね。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1移住希望地ランキングで佐賀県8位!【さが移住サポートデ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部