ゲス不倫夫にくぎを刺す、妻の怒りの名言連発に拍手喝采!

浮気がバレた瞬間。言い逃れできない状況。張り詰める空気。そんな修羅場だからこそ、名言が生まれるのかもしれません。 今回は、浮気をした側の不倫夫から、浮気をされた妻が本当に言った名言の数々を聞き出しました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

Voyagerix/iStock/Thinkstock

以前勤めていた会社の同僚Aは、一見真面目そうな地味男子でした。見た目は、もっさりとして、全くモテる感じはしないのですが、話してみると面白く、長年付き合っている可愛い彼女がいました。

「あなたには、こんな可愛い彼女、もったいないよね」とからかうと、Aは心外だと言わんばかりに「そんなことないって。俺はモテるんだって!」と言い張ります。
たしかに、連絡がまめで、話し上手なAは、彼女がいるにも関わらず、合コンでのお持ち帰り率の高く、浮気の常習犯。自分の彼氏なら、説教ものですが、仕事ができて、気の良い同僚なので、たまにモテ自慢を聞いてあげていました。

そんなAも、ついに年貢の納め時。度重なる浮気を知ってか知らずか、長年付き合っている彼女とゴールインしたのでした。新婚当初は、浮気の虫も治まっていたようですが、子供ができて、育児中心の生活になると、Aは、再び合コンに出没しはじめたのです。

久しぶりにAと会い、近況報告がてら、お茶をすることになりました。
「また合コンに参加したらしいじゃない?既婚者がなにやってるの」と説教モードに突入すると、Aは慌てて「いや、ないない!最近はもう合コンも行ってないんだよ。実は・・・」と、浮気がバレた瞬間の話を教えてくれたのです。

RyanDeanMorrison/iStock/Thinkstock

合コンの常連だったAは、20代の女性と出逢い、不倫関係になりました。
営業職という職業柄、車での移動が多く、出張や営業先から浮気相手の家に直行し、遊んでから、帰宅することが度々あったそう。

浮気相手の家は、高速道路のインターチェンジを降りてすぐの場所にあり、隙だらけのAは、カーナビの履歴に、浮気相手の住所を残していたのです。
ある日のこと。Aが「明日は、また出張だから」とA妻に伝えると、洗濯物を畳んでいたA妻は、顔を上げずに言いました。
「そう…。でもあのインターは使わずに帰ってきてね」

あのインター、それは浮気相手の自宅に行く時に、いつも利用している場所でした。
「浮気がバレた?なんで?どこで?」と焦りながらも、「あ〜!あのインターを使うと、近道なんだよな」と、あからさまな言い訳をしたそうです。

これまでも「浮気しているんでしょ?」と、歴代の彼女から詰め寄られて、修羅場になった経験はありましたが、こんな釘のさされ方は、はじめてでした。浮気がどこまでバレているか分からない怖さもあり、早々に浮気相手との関係を解消したそうです。

ericcote/iStock/Thinkstock

それでも喉元を過ぎれば、なんとやら。懲りないAは、のめり込まない程度の浮気を繰り返していました。
「そんなに性欲を持て余しているなら、奥さんとしたらいいのに。二人目も欲しいでしょ?」と呆れて言うと、Aは反省する様子も見せず「いや、それとこれとは別。俺は妻だけEDなんだよね。もう妻相手では勃たない」などと、最悪な発言をします。

よくそんなので奥さん我慢しているものだ…と心底呆れていると、Aは気まずそうに、さらなる修羅場を教えてくれました。
「実は…もう妻には叱られた。一昨日の夜、寝室で待っていた妻が『その場で正座しなさい』なんて言うんだよ。
恐る恐る、正座しながら様子をうかがっていたら、浮気相手と遊びに行った時のカーナビの履歴や、LINEの浮気メッセージを、プリントアウトしたものを見せられて、『これだけ遊んでおいて、私とはしないって、どういうつもり?このまましないつもりなら、私、いつも宅配便を運んでくれるイケメン君とするから!!』だって」

Zinkevych/iStock/Thinkstock

最悪の浮気夫、浮気され妻に、「浮気するから!」と宣言される…。
怒りの最終通告としては、最高の名言ではないでしょうか。
元同僚とはいえ、かばう余地ナシの浮気夫Aの話に、苛立ってばかりいましたが、され妻の痛快な名言に、拍手喝采。

ちなみに、A妻は、仕事復帰間近。こんな浮気夫からは、慰謝料と養育費をむしり取って、さっさと捨てちゃえと、心からA妻を応援するのでした。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1移住希望地ランキングで佐賀県8位!【さが移住サポートデ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • ゲス不倫夫にくぎを刺す、妻の怒りの名言連発に拍…