ママ友の間で人気!子ども服セレクトショップ「mammy baby」の増田正滋社長

門司港や博多リバレインモールに店舗を構え、今ママ友の間で話題沸騰中の子ども服のセレクトショップ「mammy baby」。博多を拠点に活躍のフィールドを広げている、増田正滋社長に話を伺いました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

「大人が嫉妬する子ども服」が セレクトコンセプトだそうですね。

小さくてかわいいという要素に、かっこよさと美しさも備えた服がそろう店を作りたかったんです。大人服には出せない子ども服の可能性をもっと追求したい。生地や縫製、デザイン性や機能性がきちんと考えられた“美しい子ども服”を選んでいます。ウィメンズブランド出身のパタンナーが手掛ける「nunuforme」や、シンプルなデザインながら細部まで作り込まれている「ARCH & LINE」など、店に置いている服はすべて日本のブランドです。



接客などで大切にしていることは?

お客さまとの会話から感じる製品の改善点を、作り手に伝えることも重要な役目と考えています。素材や動きやすさを考え抜いた男の子の服は、特にリピーターが多いんですよ。


東京の「nunuforme」とのコラボブランド「NNF MB」も好評のようですね。

「nunuforme」は洗練されたラインが特徴です。私の接客の経験や素材の知識を生かした、今後の新作に期待してください。

small quantity by mammy baby
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール 2階
TEL/092-282-7800
営業時間/10:30~19:30
定休日/博多リバレインモールに準ずる


Profile
mammy baby(マミーベイビー)代表取締役社長/増田正滋さん
1985年、行橋市生まれの32歳。大学卒業後、1988年創業の家業を継ぐ。行橋、門司港、博多で子ども服のセレクトショップ「mammy baby」や姉妹店を展開している。

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1福岡市内のコロナウイルスによる休業&営業時間情報まとめ2
    ファンファン福岡編集部
  2. 2福岡市内のコロナウイルスによる臨時休業情報をまとめました
    ファンファン福岡編集部
  3. 3大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「テイクアウトFukuoka」で福岡市の飲食店を応援し…
    ファンファン福岡編集部