1月10日は明太子の日☆創業70周年の「ふくや」直営店では福袋も登場!

1月10日は何の日か知っていますか?「110番の日」でもありますが…、実は、「明太子の日」なんです!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

日本で初めて明太子をつくったのは、福岡を代表する企業「ふくや」創業者である川原俊夫さん。川原さんは、韓国で食べた「タラコのキムチ漬け」をヒントに、辛子明太子を考案し、1949(昭和24)年1月10日、博多・中洲の市場で販売。これを記念し、1月10日が「明太子の日」になったそうです。

ところで、1月8~11日は、十日恵比寿正月大祭が十日恵比寿神社(福岡市博多区)で執り行われますが、神社の境内には、「めんたい娘」や大きな鏡餅が飾ってあります。ふくやの「味の明太子」は、1949(昭和24)年1月10日(十日恵比寿の日)から製造販売されたので、1月10日の「明太子の日」を記念し、毎年十日恵比須の日に奉納されているそうです。※くちびるがタラコというわけではないようです。

さて、「明太子の日」(1月10日)にちなみ、ふくやでは1月7日(日)、8日(月・祝)、9日(火)、10日(水)の4日間限定(直営店のみ)で、毎年大好評のお得な「福袋」が販売されます!※数量限定、2160円(税込)

創業70周年を迎える「ふくや」の味の明太子。白ごはんの上にのせるだけで、どんなおかずにも勝るとも劣らない存在感を放つ明太子に今年も存分にお世話になりそうです。あ~、(明太子のことを考えるだけで)お腹が空いてきた!

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1義母に合鍵を渡したら黙って家に入ってくるように…それを…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2【良い嫁キャンペーン終了】手土産を突き返した姑に、復讐…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3ソーシャルハラスメントにうんざり!Facebookで公…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【姑にドン引き】私が目撃した最も不幸な結婚式…新婦へま…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408