福岡のバンド「ミサンガ」来年2月メジャーデビュー 認知症の祖母に贈る歌が「泣ける」と反響呼ぶ

 福岡の3人組バンド「ミサンガ」が来年2月7日、メジャーデビューすることになりました。実話をもとに、認知症の祖母を思って制作した歌「はじめまして、ばぁちゃん。」が反響を呼んで、レコード会社の目に留まったそうです。結成から11年、アルバイトしながら活動を続けてきた3人が、ついに夢の階段を上ります。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 ミサンガは福岡県宗像市出身の高尾和行さん(33)、高島直也さん(32)、長崎市出身の佐藤裕亮さん(33)。九州産業大の同級生で、大学時代にバンドを組み九州各地でライブ活動を続けてきました。ギター2本とジャンべ(太鼓)のアコースティック編成で、ボーカルの佐藤さんを高尾さんと高島さんがコーラスで支えます。


 「はじめまして、ばぁちゃん。」は、高尾さんが祖母の池園ヤスヱさん(90)=福岡県糸島市=の米寿の祝いに贈った曲。認知症を患うヤスヱさんから「初めまして」と言われたことにショックを受けたそうですが、「祖母にとっては毎日が新しい一日なのかもしれない」と前向きにとらえ「いつまでも元気でいてほしい」と作詞しました。



 今年9月、自主制作CDを発売すると、認知症を患う親族を持つ人や介護者を中心に「前向きになれる」「泣けて温かくなれる」と共感が広がりました。それが九州各地のメディアで取り上げられ、よしもとミュージックエンタテインメント(東京)からのデビューが決まりました。


 デビュー盤はこの曲に新たにアレンジを加え、新曲も加えた4曲入りを予定。高尾さんは「僕らの思いを全国に伝える機会をいただきました。大切に歌っていきます」と話しています。デビューに向けて「祖母に贈る言葉」を募集し、ミュージックビデオに収める企画を実施中。詳しくはホームページで(「ミサンガ福岡」で検索を)。

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「チョコレートショップ」がパリ出店!3代目佐野恵美子さ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子どもの携帯代が高いと思う方へ ~私は、100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【続編】子どもの携帯代が高いと思う方へ~100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部