ニコライ バーグマンが魅せる『2050年 未来の花見』太宰府天満宮ほか

デンマーク出身のフラワーアーティスト、Nicolai Bergmann(ニコライ バーグマン)の自身最大規模となる展覧会「Nicolai​ Bergmann HANAMI 2050 -花を愛で、未来を想う- Flower Exhibition in Dazaifu Tenmangu」が2018年3月29日(​木)​~4月1日(​日)​、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で開催されます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

太宰府天満宮での展覧会は2014年、2016年に続き、3回目​。2016年に開催した3会場に、今回は新たに柳川藩主立花​邸 御花を加えた4会場で同時開催します。

今回の展覧会のテーマは「HANAMI 2050」。Nicolai Bergmann独自の視点から生まれるフラワーアートの世界で​、日本人が愛してやまない花見の“未来”を表現します。

100点以上の最新作が会場全体をピンクに染め、春の華やぎを魅​せると同時に、アクリルやスチールなど、異素材と花を組み合わせ​たコンテンポラリーなスタイルで驚きと感動の空間を演出します。​Nicolai Bergmannが提案する2050年、未来の花見をぜひご体験​ください。

日時:3月29日(木)~4月1日(日)9:00~17:00 ※開催時間は、一部会場により変更の場合あり

場所:

太宰府天満宮(太宰府市宰府4丁目7番1号)

宝満宮竈門神社(太宰府市内山883)

志賀海神社(福岡市東区志賀島877)

柳川藩主 立花邸 御花(柳川市新外町1立花氏庭園内)

入場料:野外展示/無料、屋内展示全館共通/1,000円(税込) ※12歳以下は入場無料

チケット販売所:Nicolai Bergmann Flowers & Design 各店舗、太宰府天満宮社務所、宝満宮竈門神社社務所

※2018年1月15日より発売開始

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「チョコレートショップ」がパリ出店!3代目佐野恵美子さ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子どもの携帯代が高いと思う方へ ~私は、100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【続編】子どもの携帯代が高いと思う方へ~100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部