創業52年 開店当時から変わらないサイフォンコーヒー(珈琲舎のだ)

創業50年以上の名店の秘密に迫る企画【老舗探訪】。 今回は、創業52年、「珈琲舎のだ」をご紹介します。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

開店当時から変わらない味と店内

サイフォンを使ってコーヒーを抽出する今では珍しいスタイルは創業時から続けられています。「珈琲舎のだ」の前身は、1966年に対馬小路にオープンした「喫茶アイドル」。1970年には「珈琲舎のだ」として第1店舗目が誕生し、今では6店舗を展開しています。内装や家具のセレクト、メニューは野田光彦社長が自ら考えたもので、高級感の漂う店の雰囲気に合わせたスマートな接客をスタッフに伝えていると言います。

客をもてなすための努力を惜しまず

野田社長はほぼ毎日店舗に顔を出します。「棚が整理されているか」「清潔感はあるか」など、チェックを怠りません。月に2度、スタッフたちは社長から研修を受け、5〜6年かけてカウンターに立てるようになります。サイフォンは取り扱いが難しいのですが、それでもこの手法を守る理由を「味や香りにコクが出る。それに一人ひとりのために心を込めていれられるでしょう」と野田社長は話していました。

老舗のひとこと

毎日の積み重ねが重要だと考えています。掃除が行き届いているかやスタッフの対応など、小さいことも見逃さず、常に改善し続けているのです。
代表取締役 社長 野田光彦さん

《珈琲舎のだ シャンボール大名 本店》
福岡市中央区大名2-10-1-A-110
TEL/092-741-5357
営業時間/9:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日/12月31日(日)〜1月2日(火)

※情報は2017.12.21時点のものです

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  4. 4もしかして口クサイ!?アナタの口臭危険度チェック!
    ファンファン福岡編集部
  5. 5感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒し…
    ファンファン福岡編集部