恐怖!生活能力が低すぎる旦那に留守をまかせたら・・・

毎日「どこか遊びに行きたい!」という子供に手を焼いた夏休みや、カメラ片手に場所取り合戦で疲弊した運動会が終わり、ママ達もホッと一息・・・。 旦那に子供達を預けて、慰労会を開きました。開放感でいっぱいで、楽しい話が尽きない中、この日一番も盛り上がりをみせたのは、こんな話題だったのです。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

JackF/iStock/Thinkstock

口火を切ったのは、専業主婦で料理上手なAさん。夏休み中のワンオペ育児を回避するため、実家に2週間の長期滞在していたそう。優しい彼女は、自分がいない間でも、ものぐさな旦那が、簡単に食事ができるように、手作りの常備菜や、レンジで温めるだけの総菜をどっさり準備していました。ところが、その優しさは、思わぬ形で裏切られたのです。

「うちの旦那は、一人でいると、ろくなものを食べないから、野菜や肉、魚も、温めればすぐに食べられるように、下ごしらえをして冷蔵庫に入れていたのに、一度も家で食事をしなかったんだって。2週間後に帰宅して、冷蔵庫をあけた途端、ウッと吐き気がこみ上げてくるほど酷い臭いがするの。あまりの刺激臭で、目はシパシパするくらい。

タオルで口と鼻を押さえて、冷蔵庫の中身を確認したら、準備した食材を全部腐らせていたの!実家にいる間も『今日はちゃんと食べた?魚系は早く食べてね。すぐに食べないものは冷凍庫にうつしてね』と連絡入れてたのに、適当に返事だけして、放置していたんだって。呆れちゃうよね」

みんな「レンジで温める状態までしてもらって、なぜその先ができない!」と、彼女の憤りに同調します。けれど、暑い夏時期とはいえ、2週間ですべて腐ってしまうことなんて、あるのでしょうか?

「食事はしないくせに、冷蔵庫に入れてあったビールだけ飲んでいたんだって。ものぐさだから、冷蔵庫を閉め忘れた日があったんじゃないかな。あと鼻づまりだから、臭いに気づかないの! 昔、会社の忘年会で、高級和牛の詰め合わせを貰ったのを忘れて、正月休みの間、ビジネスバッグの中にその牛肉を入れっぱなしに腐らせたんだよ。

その時も、私は嘔吐しそうになるくらい、酷い臭いだったのに『そんなに臭いかなー?!』って、その臭いビジネスバッグを使い続けようとしてたくらい、鼻が機能していないの」

顔の真ん中に、機能不全の鼻をぶらさげている旦那に、みんなすっかり呆れていると、「うちもね…」と話の接ぎ穂を提供したのは、Bさんでした。彼女も料理好きで、調理器具や器に強いこだわりがあり、共働きで日々忙しい中でも、毎日の食事を大事にしています。そんな彼女をギョッとさせたのも、旦那の生活能力の低さでした。

「うちは、出張で1週間留守にしていたら、大事な土鍋を駄目にされた! いつも土鍋でごはんを炊くのだけれど、出張の前日、焦げがとれなくて、土鍋に水を張って置いておいたのね。翌日、早朝に出発したから、慌ただしくて、土鍋を洗うことができなくて、旦那には『なんの家事もしなくていいから、土鍋だけは洗って、乾かしておいてね』と何度も言い含めたのに、1週間土鍋の蓋をあけなかったの! 帰宅して、置きっぱなしになった土鍋を見つけた瞬間『やられたーーー!』とがっくりきたよ。

恐る恐る蓋をあけてみたら・・・白や緑のカビがふわふわ〜と舞い上がって、手遅れ!
土鍋を洗っても、もう染みこんじゃったみたいで、乾かしている間に、カビがジワジワ出てくるの。3年間も大事に使ってきた土鍋だったのに・・・!頭に来て、旦那のお小遣いで新しい土鍋を弁償してもらったよ」。みんな「子供でもできるお願いを忘れて、できないのが、旦那だよ・・・」と口々に慰めます。

最後に爆弾級の愚痴をもらしたのはCさんでした。
彼女の旦那さんは、外国人の方。今後、移住も予定しているため、今年の夏休みは、子供達が海外のサマースクールに参加していました。

「我が家は、子供のサマースクールの予定に合わせて、私も一緒に渡米して、一ヶ月留守にしていたの。久しぶりに我が家へ戻ってきたら、なんだか臭いし、小さなコバエみたいなのが飛んでるのよ。
おかしいな?と思ったけれど、子供が『久しぶりに日本の料理が食べたい!お好み焼きがいいなー!』と急かすから、とりあえず料理をしたのね。

jreika/iStock/Thinkstock

日本に帰ってきて、はじめての料理を食べた夜、私も子供達も嘔吐!!お腹も下して、蕁麻疹も出て、酷い目にあったわ…嘔吐の原因は、お好み焼き粉に違いないと、ネットで調べていたら、開封後の粉物にダニが湧くって分かったの。

いつも開封後の食材は、輪ゴムやクリップできちんと閉じて保管しているのに、封がされていなかったみたい。あっという間にダニの住処になっちゃったのよ。しかも、お好み焼き粉を置いていた棚は、他の粉物や乾物、調味料も収納していたから、調べてみたら、ゴマ粒大のものが点々と…。

旦那が中途半端に料理して、開けっ放しにした小麦粉やスパイス、調味料にも、虫が湧いていたの!タバコシバンムシっていうんだって。ほら見て!」

スマホで虫画像を見せられ、ゾゾゾ…寒気が止まりません。
「もちろん、旦那は、水回りも掃除しないから、チョウバエが発生しちゃって、部屋中を飛び回っていたのよ。たった一ヶ月いないだけで、自宅が虫の住処になるなんて、あり得ないでしょ…」

vadimguzhva/iStock/Thinkstock

生活能力の低い旦那に困っているママ達は、口々に「息子は絶対、家事を手伝わせて使える男にする!」と息巻いていました。

けれど…私は知っています。彼女達の息子は、小学生になっても、未だに靴下を履かせてもらっていたり、包丁を握ったことがないことを。生活能力の低い旦那を反面教師にするのか、それとも、その悪癖を継いでしまうのか…。皆さんは、どちらだと思いますか?

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  3. 3祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その肆(よん)「川が呼ぶ」
    チョコ太郎
  • トップ
  • 恐怖!生活能力が低すぎる旦那に留守をまかせたら…