美祢市の特産品「美東ごぼう」をあの有名シェフの味で堪能!

山口県美祢(みね)市の特産品「美東ごぼう」を皆さんご存知ですか? 「美東ごぼう」は、柔らかくえぐ味のない豊かな風味が特徴。その「美東ごぼう」をはじめ美祢市の特産品を堪能できるイベント「美祢グルメパーティ」が、11月29日(水)博多リバレインモール1階の「ピッツェリア・ナオ」で開催されました。ゲストシェフはなんとイタリア料理界の巨匠として有名な、あの落合務シェフ!超ゴージャスなグルメパーティに行ってきました!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

山口県美祢(みね)市の特産品「美東ごぼう」を皆さんご存知ですか?「美東ごぼう」は、柔らかくえぐ味のない豊かな風味が特徴。その「美東ごぼう」をはじめ美祢市の特産品を堪能できるイベント「美祢グルメパーティ」が、11月29日(水)博多リバレインモール1階の「ピッツェリア・ナオ」で開催されました。ゲストシェフはなんとイタリア料理界の巨匠として有名な、あの落合務シェフ!超ゴージャスなグルメパーティに行ってきました!

プロデュースはFM福岡「ブチカン」のグルメコーナー「ザ・メシュラン」のDJ BUTCHさんと謎のアジア人さん。美祢市西岡晃市長も、美祢市の食の魅力をPRするため会場にかけつけました。

そして落合シェフのトークショー。この日は超人気店「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の味を味わえるとあって来場者も感激!「美東ごぼうや厚保栗など、美祢の食材はすばらしい。食材が良いので美味しく楽しんでいただけると思います」と美祢の自然の恵みを絶賛。イタリア料理ではごぼうを使うのはめずらしく、新たな食の魅力にもつながると、シェフ自身も今回のイベントを喜んだ様子でした。

お待ちかねのお料理をいただきます!

食前酒は、山口県産最高級酒米を使用した「大嶺 純米大吟醸」。白桃のような芳醇な香りと甘さが特徴で、すーっとのどを通っていきました。

ごぼう、かぶ、里芋と根菜の旨味を詰め込んだスープ。臭みはまったくなく、舌ざわりも超なめらか。

前菜のカルパッチョは落合シェフ流のヒラメを使用した逸品。ごぼうのピュレなんて初めて食べましたが、新鮮な刺身にとてもマッチ。

お次は美祢市の名産「厚保(あつ)栗」をたっぷり使ったリゾット。栗といえばまぜご飯もおいしいですが、ふっくら柔らかく煮込まれたリゾットはこれまた最高!ふわっと広がる香りがたまりません。

本日はあの「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の超人気ウニのスパゲティも登場!味は言うまでもないですが、濃厚なウニのクリームソースに舌は大満足。

天然の鱒(ます)を一尾まるごと三枚おろしにした贅沢なひと品。ふっくらした鱒の身とパリパリのごぼうのフリットをソースにからめていただくと絶妙なハーモニーを奏でます。

そして肉料理は、美東ごぼうと高級豚ロースのタリアータ。素材の美味さをシンプルに味わう極上の逸品!椎茸のソースが素材の味をじゃますることなくむしろ引き立てます。

デザートは厚保栗のモンブラン…ではなくティラミスです!中はティラミスだけど外はモンブランで…どっちだこれは??そんなことはどうでもいい。これでもかと栗を使用しているのに上品な甘さであと味さっぱりです。

美祢の産品の魅力、伝わったでしょうか?
ごぼうのイメージをくつがえす本当にすばらしいイベントでした。ほんっとうに美味しかったです!
ほかにも「梶岡牧場の黒毛和牛ステーキ」や「美萩の親鳥のタレ焼き」など、美祢市にはおいしいグルメがたくさん。ぜひ美祢市の魅力を体験してみてください!

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部