手打ちうどんなら、福岡赤坂の松島。絶品裏メニューあり!

 タモリさんは、「うどんにコシは要らない」と断言します。たしかに、博多、福岡のうどん好きのみなさんは、「因幡うどん」のようなとろけてのどを通るタイプをほめたたえる人が多いようです。  しかし、そげな「やわいうどんが一番」という方も、一度中央区赤坂の「うどん処 松島」に足を運んで下さい。手打ち手切りのコシのあるうどんの魅力を再発見するはずです。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 繁華街天神から2キロほど西、有名な鴻臚館跡などのある福岡城址近くに静かに佇んでます。
 右隣の「あそび亭」も、妙にきになりますが。。。

 ほのぼのしたおもむきのメニュー。福岡・博多のうどん屋さんにしては、少しだけ高めでしょうか。釜あげがあるのは、讃岐系の証拠か。
 で、私は、ここに書いてないのしかいつも頼みません。
 「他人ごぼう、下さい」。いつも、ただ一言、これを発します。

 来た来た。他人ごぼう。なんだかわかりますかぁ。

 少し食べてみると、わかりやすいかな。ん、ちょいと肉食べ過ぎてわかんなくなったかな。
 他人=牛肉&とじ卵にごぼう天を合わせているのです。欲張りな自分、他人だけではダメ、ごぼう天だけでもダメ、まして肉だけでは全然物足らんのです。甘がらく煮込んだ牛肉のエキスがスープに溶け出し、そこにといた卵がからまっていく、そしてごぼう天の衣が汁にひたり、ついにごぼうまで柔らかくとろける、なんとも贅沢な「具沢山」に、コシのある手打ち、手きりのうどんが実に合うのです。
 もう、ここに来たらこれ一本。そう決めてしまいました。

 元々食べるの早い私ですが、瞬時にこの姿。
 でも、ごちそうさまにはまだ早い。

 このメニュー頼んで、全部飲み干さなければ、お店にもうどんにもつゆにも失礼です。本来砂糖を抑えたダシに牛肉の甘味が加わった旨さ、もうたまりません。
 で、お値段は750円。
 先ほどのメニュー写真もう一回ご覧いただきたいのですが、これだけ色々トッピングして他のメニューからそれほどかけ離れるわけじゃありません。
 東京などから出張で福岡に来られる人にも、自信を持っておすすめしてます。
 声を大にして、もう一回言います。「松島で他人ごぼうを食べて下さい!」。
 ※私は、しがないラーメン屋のせがれであり、松島さんのまわし者ではありません。
 

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1義実家に同居…妻の苦労は伝わらず?自己中な旦那をギャフ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子作りを邪魔しているのは姑?!舅姑との同室温泉旅行は、…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【姑にドン引き】近居願望の強い姑が見つけてきた物件は、…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「コンビニワープ」を絶滅せよ!痛ましい幼子の死亡事故発…
    久留仁譲二