やけど・虫刺され・感染症も! 子どもの水ぶくれの原因って?

今回は、子どもの水ぶくれの原因についてお話します。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

やけどなど外傷を受けたときの反応でできる水ぶくれ

 赤ちゃんや幼児の体にぷくっとできた水ぶくれ。発見すると「やけどしたの?」と、びっくりしてしまいますね。水ぶくれは、医学用語では水疱といって、死んだ皮膚細胞の薄い膜の下に液体がたまっているふくらみ。液体の中には、損傷を受けた組織からにじみ出てきた水分やタンパク質などが入っています。

 やけどや靴ずれなど、外傷を受けたときの反応がよく知られていますが、細菌やウイルスの感染によるもの、遺伝性の病気とさまざまな原因があります。やけどで水ぶくれができたとはっきりしているときは、水ぶくれを破らないように注意して、皮膚科を受診しましょう。

細菌感染に注意!虫刺されが原因の水ぶくれ

 赤ちゃんや幼児は、普通の蚊に刺されてもアレルギー反応で水ぶくれになりがち。蚊に刺された翌日から現れ、通常は数日から1週間程度でよくなります。

 水ぶくれを破ってしまうと、傷口が細菌感染を起こすことがあるので注意が必要です。かゆみを抑える塗り薬を使い、ガーゼなどで保護します。虫刺されがきっかけになって、小児ストロフルスというかゆみをともなう水ぶくれがたくさんできる病気になることも。水ぶくれが破れてしまったら皮膚科か小児科を受診しましょう。

水ぶくれがただれてどんどん広がる"とびひ"(水疱性膿痂疹)

 虫刺されやあせも、小さな傷からできた水ぶくれが破れてただれ、周囲に水ぶくれが増えてしまうことがあります。これは伝染性膿痂疹(のうかせん)のひとつで、黄色ブドウ球菌の感染が原因の水疱性膿痂疹。
 水ぶくれをかいた手を介して、体のあちこちに水ぶくれが広がっていくため、"とびひ"と呼ばれています。

 治療には、抗菌薬や抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬が使われます。

水ぶくれに見える小さないぼができる伝染性軟属腫(水いぼ)

 1~5mm程度で、中央がくぼんで光沢のある水ぶくれっぽいものや、淡い赤色の小さなブツブツが増えていく病気が伝染性軟属腫。幼稚園や小学生に多い病気で、感染力はそれほど強くなく、プールでビート板やタオルを共有することから感染します。

 水ぶくれよりかたく、中身は水ではありませんが、小さな水ぶくれのように見えるところから水いぼと呼ばれています。内容物にはウイルスが含まれているチーズ状の白いかたまりです。皮膚科を受診してピンセットで取り除いたり、液体窒素で凍結させると治りますが、治療には痛みをともないます。時間はかかりますが自然治癒を待つこともあります。

ピカラダ
あわせて読む
子どもの嘔吐。病院に連れて行く? どう対処したらいい?
※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1福岡市内のコロナウイルスによる休業&営業時間情報まとめ2
    ファンファン福岡編集部
  2. 2福岡市内のコロナウイルスによる臨時休業情報をまとめました
    ファンファン福岡編集部
  3. 3大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「テイクアウトFukuoka」で福岡市の飲食店を応援し…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • やけど・虫刺され・感染症も! 子どもの水ぶくれ…