「子どもなんて欲しくない!離婚してくれ」出産直前に逃げ出した最低男が、イクメンになったワケ

最近、街中でベビーカーを押している男性や、抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしている男性の姿を、よく見かけるようになりました。赤ちゃんのお世話をしながら奥さんを気遣っていて、いかにもイクメンという様子。 今回はそんなイクメンが、実は、出産直前に逃げ出した最低男だったお話。 一度は壊れた夫婦を繋ぎとめたものは、なんだったのでしょう。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

AntonioGuillem/iStock/Thinkstock

週末、家族でお出かけする姿をよく見かける、ご近所のA家族。パパが赤ちゃんを抱っこしたり、奥さんに荷物を持たせないように、重そうな荷物をいくつも抱えている姿を見て、絵に描いたようなイクメンで、家族は幸せだなと思っていました。
近所のママ友Bさんは、その家族の奥さんと仲良しと聞いて、「あー!あのイクメンのご家族ね。幸せそうよね」と言うと、困ったような表情。
実は…と教えてくれたイクメンパパの正体に、驚きが隠せませんでした。

A奥さんが臨月を迎え、いよいよ出産というタイミングで、A旦那は「子どもなんて欲しくなかった。離婚してくれ」と離婚届を渡してきました。突然のことに、A奥さんは、泣き崩れるしかありません。
あと数日で生まれてくる我が子のことを考えると、そう易々と離婚に応じることはできません。断固離婚を拒否すると、A旦那は「じゃあこれから失踪するから。3年以上失踪していたら離婚できるんでしょ」とフラッと家を出てしまいました。電話もLINEも着信拒否。
A旦那は、仕事は休まずに行っているようで、A奥さんが重いお腹をかかえて話し合いのために職場に行っても、会うことも叶いませんでした。

離婚を言い出したのは、別に好きな女ができて、今もその女の家にいるのかもしれない。探偵を雇って、徹底的に身辺調査して、白黒つけるべきなのかも。それよりも弁護士に相談するべきか…。でもこれから出産でお金がかかるのに、探偵も弁護士も費用が捻出できるのか…。

考えるほど、不安に襲われて、一人で問題を抱えきれなくなったA奥さん。義実家に泣きつきました。義実家は、この離婚騒動のことは初耳だったようで、義父は「これから子どもが生まれてくる大切な時期に、何を血迷ったことを…」とカンカンに怒りました。義母は「息子が、こんな情けないことをしでかして、申し訳ない。私の育て方が悪かった」と涙を流しました。

A奥さんが相談した翌日、義母はA旦那の職場に乗り込み、平手打ちをくらわしたそうです。それでも、かたくなに「離婚する」と言い張ったA旦那。結局、我が子が生まれてくる、その瞬間にも、姿を見せことはありませんでした。

出産直前、A奥さんは、激しい陣痛の痛みを乗り越えながら、ここにいるはずだった旦那への愛情が、すっかり枯渇していることに気づきました。そして、我が子と対面した時、その干上がった心が、我が子への温かな愛情で満たされていくことを感じたのです。

病院を退院する日、もう慰謝料と養育費をもらって、離婚しよう…と心に決めていたら、義母に引きずられるようにして、A旦那が現れました。

xmocb/iStock/Thinkstock

その姿を見て、A奥さんは、心の中で強く思ったそうです。
もう男としてこの人は信用できない。でも子どもが生まれた瞬間から、父親のいない子にしたくない。強い言葉でなじりたい気持ちをグッとこらえ言いました。
「赤ちゃん抱っこしてあげて…」。

A旦那はおそるおそる抱き上げました。なにも言わないまま、じっと我が子の顔を見つめながら、抱っこしていたかと思うと、
「こんなに小さい命を捨てようとしたのか…本当にごめん…あなたと赤ちゃんの家族でいさせてください」
と涙を流すA旦那。
それは、まさに子どもが、壊れかけの夫婦のかすがいになった瞬間でした。それから、A旦那は生まれ変わったように、子どもを可愛がり、イクメンパパへと成長していきました。

A奥さんに、近所のママ友Bは「何も聞かずに許しちゃっていいの?」と聞くと、そっと笑いながら彼女はこう言ったそうです。
「離婚を切り出されて、苦しんだ一ヶ月間。あの恨めしい気持ちは、一生かかかっても成仏しないかもしれない。ドラマじゃないけれど、あなたのことはそれほど…。でもパパとしてはそれなりに愛しているからね。これからは大切な我が子を守るパートナーとして、協力するしかないよね」
週末になるとまた、A奥さんとA旦那は、笑い合いながら、子どもを真ん中にして、お出かけしているようでした。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5【ママ友にドン引き】我が家は無料託児所じゃない!毎日手…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 「子どもなんて欲しくない!離婚してくれ」出産直…