産後の母乳育児に備え、 おっぱいのケアは妊娠中から!

今回は、妊娠中の「おっぱいのケア」についてお話します。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

妊娠中から始めたい、おっぱいのケア

 赤ちゃんが生まれたら、できるだけ母乳で育てていきたいと思われる方は多いのではないでしょうか?スムーズに母乳育児をスタートさせるには、実は妊娠中からの下準備が大切です。

 何の準備もせずに、いきなり授乳生活を開始すると、母乳がなかなか出なくて苦労したり、おっぱいがカチコチになって痛い思いをしたり…というトラブルに直面してしまうこともあるのです。
 妊娠中からしっかりおっぱいのケアを行い、産後の母乳育児に備えておきましょう。

まずはおっぱいの形をチェック!

 おっぱいには人それぞれ個性がありますが、赤ちゃんが吸い付きやすいおっぱいには共通する特徴があります。

 一般的には、乳頭が柔らかく、引っ張ったときに2センチくらい伸びる、伸びの良いものが吸いやすいようです。形は、乳首の根元が少しくびれ、先端に少し膨らみのある形が理想的です。適切なケアを行うために、まずは自分のおっぱいの形をチェックしてみましょう。

 もし、おっぱいに以下のような特徴が見られた場合、そのままでは赤ちゃんが母乳を飲みづらいことが多いので、おっぱいの個性に合わせたケアが必要になります。

◆扁平乳頭
 乳頭と乳房に境目がなく、乳頭の長さが短いものをいいます。マッサージで乳頭の伸びを良くすることで、短くても赤ちゃんが吸い付きやすい乳頭にすることができます。

◆陥没乳頭
 乳頭が内側に入り込んで、陥没した状態のものを言います。乳輪を指で圧迫したり、乳頭吸引器などを用いたりして、乳頭が外に出た状態でケアを行います。
 授乳の際に乳頭保護器などを用いて赤ちゃんに吸ってもらっていると、次第に乳頭が露出するようになり、吸いやすい形になることもあります。

 扁平乳頭や陥没乳頭の方でも、マッサージなどのケアを行うことで母乳育児が可能になることがほとんどです。不安な方は妊娠中の受診の際にケアの方法について医師や助産師に相談してみることをおすすめします。

ピカラダ
あわせて読む
授乳中の3大トラブル! 乳腺炎・裂傷・白斑にはどう対処する?
※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【夫の実家でドン引き】産後の私を襲った驚愕の習慣!
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 産後の母乳育児に備え、 おっぱいのケアは妊娠中…