授乳中の3大トラブル! 乳腺炎・裂傷・白斑にはどう対処する?Vol.1

今回は、乳腺炎・裂傷・白斑への対処法をお話します。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

授乳中のおっぱいトラブルの筆頭!乳腺炎とは?

 乳腺が炎症を起こした状態を「乳腺炎」といいます。症状としては、以下のようなものが挙げられます。
◆おっぱいにしこりができ、触れると痛みを生じる
◆おっぱいが赤く腫れる
◆おっぱいが熱を持っている
◆微熱や震えを伴う38℃以上の高熱がある
◆母乳に血液や膿が混ざることがある
 
 これらの乳腺炎を放置すると、治療のために一時的に母乳育児を中断したり、場合によっては、入院が必要になることもあります。「もしかしたら乳腺炎かも?」と思ったら、早めの対処が必要です。

乳腺炎になってしまった時の対処法
 乳腺炎になってしまったら、まずは炎症症状を抑え、乳腺炎になった原因を取り除くことが大切です。
 乳腺の詰まりが原因である場合、詰まりを解消し、乳腺を開通させる必要があります。しこりのある部分から乳頭に向かって母乳を流すようにマッサージを行い、その後で赤ちゃんに母乳を飲んでもらうようにしましょう。飲み残しがある場合は搾乳して、おっぱいに母乳を溜めないようにします。自己対処で改善しない場合や初めて乳腺炎になった場合は、病院を受診し、医師や助産師から正しい指導を受けると安心です。
 細菌感染が原因の場合は、抗生剤などの服用によって炎症症状を抑える治療を行います。炎症がひどく、膿の塊ができてしまった場合は、針を刺したり、切開して膿を取り出す処置が必要になります。治療中は、授乳を中止する必要がありますので注意しましょう。

(飯塚病院 産婦人科 監修)

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  3. 3祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  4. 4なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎
  • トップ
  • 授乳中の3大トラブル! 乳腺炎・裂傷・白斑には…