【福岡の常識】いくつ知ってる屋台のマナー。福岡人との交流の場

福岡といえば、屋台も名物の一つ。とんこつラーメンの発祥も、実は屋台だとか。 美味しいお酒と食事はもちろん、他のお客さんと楽しく交流できる社交場でもある屋台。店員さんとの距離も近く、一人でふらっと立ち寄っても、話が弾むのは、屋台ならではの魅力ですね。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

そんな福岡名物の屋台ですが、地元の福岡人でも、行ったことがないという人は、意外に多いようです。

「なんか怒られそう」とか、「ルールが難しそう」というのが、その理由。 当然、そんなことはなく、ルールといっても、限られた空間をみんなで利用するための、どちらかといえば、マナーのようなもの。難しいことは何もありません。どんなルールがあるか、少し紹介してみましょう。

まず、限られた席ですから、混んできたら、席を詰めましょう。満席になっているのに、だらだらと長居するのも、マナー違反。これらは、飲食店ですから、普通といえば普通ですね。

また、大人数で行くのもNG。屋台に入れないからといって、外で飲食することはできませんから、大人数は、どの屋台からも断られる可能性が高くなります。3、4人くらいがちょうどいい人数です。

隠れたルールとしては、常連席が屋台の端の席となっていることがあります。常連さんはお店を手伝うこともありますから、店員さんに近い席の場合もあります。店員さんに常連席から移動するようお願いされてムッとする人もたまにいますが、常連になるまでの長い年月に思いを寄せて、素直に別の席に移動しましょう。

こうしてみると、ルールといっても、実は単なる常識的な譲り合い。ラーメンだけ食べて帰ろうが、焼酎だけ飲もうが、怒られることはまずありません。ただし、世話好きで人懐っこい福岡人と話が弾んで、何も注文しないと、さすがに怒られるでしょうね。

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  4. 4感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒し…
    ファンファン福岡編集部
  5. 53歳の息子に胎内記憶を聞いたらビックリ!生前記憶を語り…
    ファンファン福岡編集部