福岡の初夏の風物詩 福岡女学院の「メイポールダンス」

セーラー服の本家でも知られる福岡女学院は、1885(明治18)年にアメリカ人宣教師ジェニー・ギールによって「英和女学校」として誕生。5月18日の創立記念日の行事として名物となっているのが、5月の女王『メイクイーン』祭です。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

メイクイーンは創立31周年の1916年から始まり、初期のクイーンは品行方正、学術優秀な最上級生が選ばれ、和服黒紋付高座のふとんに座ったそうです。現在は、中学2年生の全員の中から生徒の間で『メイクイーン』が選ばれ、メイクイーンは純白のドレスを着用、クイーン以外の中学2年生全員がメイポールダンスに参加します。

伝統ある「メイポールダンス」は、夏服へ衣替えした中学2年生全員が、高さ3.5mのポールに紅白それぞれ12本ずつの布を交互に踊りながら編んでいくもの。もともとは欧米の春の訪れを祝う踊りで伝統行事の一つだったそうですが、この日から夏服に変わるので気分も一新。福岡の初夏の風物詩のひとつとして親しまれています。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1移住希望地ランキングで佐賀県8位!【さが移住サポートデ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部