かつて西日本随一の舞台として親しまれた「住吉神社能楽殿」(福岡市博多区)

全国に約2000社ある住吉神社の始源とされる福岡市博多区の住吉神社。総面積8000坪を超える広大な敷地の中には、さまざまな施設があります。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

全国に約2000社ある住吉神社の始源とされる福岡市博多区の住吉神社。総面積8000坪を超える広大な敷地の中には、さまざまな施設があります。

現在の本殿は、戦国武将黒田官兵衛の嫡男で、筑前福岡藩初代藩主の黒田長政が造営したもので、国の重要文化財に指定されています。

敷地内には土俵もあります。住吉神社は、毎年11月に開催される九州場所前に横綱奉納土俵入りがあることでも有名です。

本殿近くには、博多人形師、中村信喬さん・弘峰さん親子の合作「古代力士像」というブロンズ像もありますが、なかなかの迫力です。

手のひらには「力」という文字。

そして、ちょっと分かりにくい場所(土俵の隣)に能楽殿があります。
こちらの能楽殿は、昭和13年(1938年)に福岡や北九州の経済界や能楽愛好家有志の寄付によって建てられたもののようです。

大正時代に、福岡市中央区の警固神社にあった能楽堂が老朽化したため、住吉神社境内に能楽堂を建設する計画が興り、昭和13(1938)年秋に落成、その後住吉神社に寄贈されたそうです。昭和61(1986)年に大濠能楽堂ができる前までは、全国の能楽関係者から「大阪以西なら住吉」と称賛されるほどに、西日本随一の舞台として親しまれてきたそうです。

戦火もくぐり抜け、地震にも耐え、80年近く立派に建造物として存在している姿には圧倒されます。
中に入ると、空調こそありませんが、自然光が差し込む厳かな雰囲気。総ひのき造りで、伝統と格式を感じます。こうした戦前の木造建築の能楽殿は全国でもあまり例を見ず、住吉神社能楽殿は福岡市有形文化財にも指定されています。

床下には音響効果を考えて甕が置かれているそうです。地謡座の背後には、身分の高い人が鑑賞する高欄付き桟敷もありました。

「住吉神社能楽殿」の保存・活用を目的に、平成8(1996)年に福岡市で活躍する能楽師の有志で「福岡市能楽協議会」が結成され、平成9(1997)年から「ふくおか市民能」を開催しています。

21回目となる2017年は5月5日、若手能楽師、今村嘉太郎さんと多久島法子さんが「蝉丸」を演じます。貴重な舞台で繰り広げられる伝統芸能をぜひお見逃しなく!

関連記事⇒第21回ふくおか市民能「蝉丸」住吉神社能楽殿で開催!

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「チョコレートショップ」がパリ出店!3代目佐野恵美子さ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子どもの携帯代が高いと思う方へ ~私は、100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【続編】子どもの携帯代が高いと思う方へ~100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部